2018年12月19日

吉田のうどん 月見里 大山店



都内は今や讃岐うどん全盛で、その他のうどんは少々分が悪い。山梨県の富士山の麓のご当地うどんである吉田のうどんも、地理的な近さもあって東京、たとえば神田や五反田に進出しては結局撤退というお店がこれまでもずいぶんありました。現在盛業中なのは、水道橋の大衆馬肉酒場冨士山、亀有の五葵、田無の羽だくらいでしょうか。そこに新星の如く現れたのが、こちらのお店「吉田のうどん 月見里 大山店」。月見里と書いて「やまなし」と読む判じもののような店名で、開業前はTOKYO店という表記も見かけたのですが、最終的には大山店ということになったのでしょうか。大山といっても東武東上線の駅から商店街をずっと抜け、山手通りにぶつかる少し手前になります。2018/12/19の開店日の夕方、ちょうど立ち寄る機会がありました。

開店初日ですが、ほぼ満席の盛況ぶり。ちょうどカウンターで空いた席があって、なんとか潜り込むことができました。2人以上だと2階へ案内されることもあるようです。メニューは、かけうどん、つけうどん、冷やしうどん、それぞれキャベツ、肉キャベツの2択。つまりデフォルトでキャベツがのっているということで、吉田のうどんではわざわざキャベツと書かなくても当然のようにトッピングされてきますが、ここはお江戸は板橋の宿、わかりやすいように意訳されているのでしょう(ちなみに甲府にある本店でも、わざわざキャベツとは書かれていません)。他に、きんぴら、わかめ、たぬき、キムチ、生たまごなどのオプションと、肉飯、ミニ煮干し茶漬けなどのご飯ものがあります。この日はオープニングサービスということでトッピング1品無料の恩恵にあずかり、かけうどんの肉キャベツ700円にきんぴら(通常150円)をトッピングしてもらいました。

開店当日ですので少々オペレーションがどたばたなところもありましたが、それほど待たずに丼が運ばれてきました。ちらちらと見てた限りでは、ある程度見込み茹でで、注文ごとに再度温めて提供されるようです。これは本場の富士吉田でも普通のオペレーションで、いやいやだってこの固くて太いうどんを茹でるのっておそらく数十分かかるんじゃないでしょうか。まずは麺を箸で持ち上げてみると、おっとかなり短め、そして極太。長さは本来もう少し長いのかもしれませんが、この太さはさすが吉田のうどん。噛み締めてみればむぎゅぎゅーと強い抵抗力がありつつ、やがて歯の侵入を許し、のどもとを落ちていきます。スープは濃い目の煮干しダシのきいた醤油ベースで、本場ではよくある味噌を合わせてあるタイプではないようです。また、肉は豚肉使用、これも本場の馬肉とは異なりますが、食べやすさとお値段見合いということでは豚でも問題ありません。本場の吉田でも、味噌を使わないスープだったり、豚肉使用のお店もありますし。豚肉はそれほど強く味つけがされておらず肉本来の味が楽しめます。

途中で卓上にある天かすのようなものを少量投入、、あれ、これは天かすではなく、フライドガーリックだ。コクがでて面白い味になります。また、さらに自家製調味料であるすりだね投入。すりだねはお店によってずいぶん違っておもろいのですが、こちらのすりだねはかなり液体に近いタイプ、ラー油に近いかんじでした。ちなみにすりだねはお土産にも販売しているようです。

うどんは毎日甲府から輸送しているとのことで、交通事情によってはうどんが提供できない日もあるかも、とのこと。吉田のうどんをお店独自のスタイルで提供されている数少ないお店として、これからもぜひ美味しいうどんを食べさせてくれるといいなぁ。夜はおつまみメニューもあるようなので、2階で飲んで食べて、締めにぐっと硬い吉田のうどん、という流れもいいかもしれません。ごちそうさまでした。





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 23区北部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。