2018年11月21日

日本列島酒場 上五島 宇田川




長崎の沖、対馬海流に沿って連なる五島列島。海の幸が有名だけれど、うどん好きにとっては五島うどんも忘れてはいけません。その五島の名前を冠したお店が渋谷宇田川にあると聞いて、ランチタイムにお邪魔してみました。もっとも、上五島という呼び方はあまり聞いたことがなくて、以前あった上五島町は周辺の町村と合併して新上五島町となっています(上五島という島はありません)。私も訪れたことがありますが、海ではトビウオが跳ね、陽がおだやかに降り注ぐ、のんびりとした素敵な島だったのをよく覚えています。

ビル2階の入口の重そうな木の扉を開けると適度に落ち着いたダイニング。大テーブルとカウンターがあり、テーブル席もや個室もあるようです。BGMはお洒落系ジャズ・フュージョン。一人だったのでカウンター席に案内されました。店員さんはほとんど若い人のようです。

ランチのイチオシは、上五島名物ごっつ丼並1,000円や五島列島直送金太郎まぐろ丼並1,200円のようです。もっとも、ごっつ=ごちそうのこと、現地でごっつ丼って見かけた覚えがないなぁ、、まあ私の目当ては五島うどん。メニューの反対側に視線を移すと、五島あご出汁うどん800円、本日の小丼付で1,000円というメニューがありました。ではこの小丼つきにしましょう。温冷えらべるとのことで温を指定。この日の小丼はねぐとろ丼とのこと。ほかに、辛味噌担々まぜうどんというのもありました。

それほど待たずに運ばれてきました。おお、透明でほんのり黄金色のきれいなお出汁に、五島うどんがたっぷりと沈みます。トッピングは揚げ玉とネギ、ワカメ。まずお出汁をすすってみると、あご出汁の風味がほんのり。甘さは控えめでごくすっきりとしたお出汁を、細い麺がずずっと運んできます。ネギもいいけれど、揚げ玉のサクサクやさしい食感が麺やスープと出逢ってナイスタッグ。麺が細いのでまずはうどんを食べきって、その後でこのお出汁をお吸い物代わりにいただくのが良さそうです。

小丼はネギトロに海苔、青ネギ、胡麻が散らされています。チューブのものらしいわさびが付いてい添えられているけれど、これは個人的には不要だなぁ。ネギトロの量もそんなに多くないので、まずはネギトロをやっつけてからあご出汁を丼に注ぎ入れてお茶漬けのようにいただきたいかも(やらなかったけど)。

こちらのお店、際コーポレーションのお店なのだそうです。そういえば1階のタイガー餃子会館も際コーポだったっけ。ということは、新上五島町とオフィシャルに提携しているわけではないのかしら。夜に鮮魚でがっつり飲んで、あご出汁の五島うどんで締めてみたいなぁ。ごちそうさまでした。



関連ランキング:居酒屋 | 神泉駅渋谷駅代々木公園駅



クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 07:13 | Comment(0) | 23区西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。