2018年11月01日

本格手打 もり家 東京店




浜松町駅金杉橋口近く、ポンテせとうみ2F「本格手打 もり家 東京店」ぶっかけ天ぷら(温)980円をずずずっっっ。

2018/11/1 小豆島と瀬戸内の魅力を発信する「ポンテせとうみ」がオープンしましたが、高松空港にほど近い大人気のうどん店「もり家」の支店が2階に入ると聞いて、たまらず開店日にかけつけました。閉店まであと1時間ほどというタイミング、幸い行列もなくカウンター席につくことができました。

テーブルにあるメニューブックを開くと、ぶっかけ、醤油、かけ、ざる、釜上げが各600円〜と高松でのお値段と比べてはいけませんが、この場所でフルサービスのお店としてはまっとうでしょう。東京天限定(ママ)のせとうみ天やオリーブ牛の肉うどん、さらには割烹店の日本橋ゆかりとのコラボメニューの辛旨肉味噌うどん、オリーブ豚のカレーうどん、ネバうま納豆うどんなど、魅力的なメニューも並びますが、「もり家の定番メニュー」と書かれたぶっかけで、せっかくなので天ぷらをいただきました。温冷選べ、また量は並盛り・中盛りまで同額とのこと、せっかくなので中盛りにしてもらいました。

それほど待たずに運ばれてきました。うどんは見込み茹で、天ぷらは都度揚げ、でしょうか。たっぷりのうどんはおそらく事前に温められていた肉厚の砥部の器に盛られ、ぶっかけ出汁は徳利で、天ぷらは別盛り、さらに写真では隠れていましたが薬味にたっぷりのおろし生姜、刻みネギなどが添えられています。中太で白く輝いた麺は、エッジがたちネジれもなく美しくしゅっとしていて、見るからに美味しそうです。まずはそのまま一口、温かい麺ということもありゴツっとした食感は皆無、軽いのに力強く伸びるコシもあります。飲み込みながら鼻に抜けてる小麦の風味も楽しい。ここにぶっかけ出汁(温かいです)を注ぎ入れると、、あ、この出汁すごい好みです。重心低めのところでぐわしっと主張するいりこがおもしろい。これ、湯呑にちょっと注いでそのまま楽しみたいなぁ。。天ぷらは、海老、大葉、かぼちゃ、さつまいも。これもそのまま食べてもいいけれど、ぶっかけ出汁をちょいとかけて食べちゃいました。

温かい麺も良かったけれど、高松のもり家で食べた冷たい麺は適度に硬度がありつつしゅっとスタイリッシュな味わいがあったように覚えています。今度は冷たい麺を食べてみたいな。あ、でも出汁も好きなので、温かいかけも食べたいし、、、今から悩ましい(笑)。ごちそうさまでした。



クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 23区東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。