2018年10月30日

香川 さぬき麺業 東京駅店




東京駅八重洲口直結、東京駅一番街のラーメンストリートのほぼ向かいに2018/10/30オープン。この一角は日本ぐるめ街道と称して、各地の味を楽しめるお店が並んでいて、一斉に店舗リニューアルしたようです。さぬき麺業は香川県内は高松の市街地に本店があり、市内や空港近くに6店舗、大阪に3店舗を展開し、東京へは初出店になります。

駅の地下街とあって、屋根は低いものの店内はそこそこ広め。夜、7割方の席が埋まっている状態で、店員さんに「空いているお席へどうぞ」と声をかけられます。メニューは、生醤油うどん、わかめうどん(かけ)、ざるうどん、ぶっかけうどん、釜玉うどんなどが600円台から。おすすめのセット・定食が900円前後から、とまあ駅ナカですしやむを得ないお値段かと。ちなみにさぬき麺業は店舗ごとにお値段が違うようで、高松よりも大阪のお店のほうがやすかった記憶があります。東京駅店限定メニューのオリーブ鶏天ぶっかけ1,150円も気になりましたが、同じく限定メニューの瀬戸内地えびかき揚げぶっかけ1,020円を選んでみました。

それほど待たずに丼到着。おお、つるとんたんほどではありませんがなんだか丼が平たく大きいです。その丼の大きさに合わせるように、かき揚げはなかなかのジャンボサイズで、表面の4/5ほどを覆われていて、のこり1/5の部分にネギとすだちが散らされています。その脇から麺をむんずと引っ張り出して口に運ぶと、おお、やさしい麺じゃないですか。東京の人は讃岐うどんって固コシのものだと思ってる人が多いけれど、本来はそんな画一的なものじゃなくて、むしろびよーんと伸びる麺のほうが多い気がしますが、こちらのお店もそれに近い食感です。やや細めなこともあり、存在感を示しながらもしゅるしゅると喉を落ちていきます。麺の量はやや少なめかしら、男性だと大盛りかセットもののほうがいいかもしれません。

かき揚げは揚げたてでしょうか、小エビがザクザクと楽しい(時々口の中に刺さりそうになるほど-笑)。このエビの香ばしさに加えて、細切りのかぼちゃやサツマイモがほっこりとした味を出しています。ああ、これをアテにビールが飲みたいかも(笑)。ぶっかけ出汁はそれほど主張せず、さらりとしているけれど麺を引き立ていて、副学級委員長のような存在。これももう少し量があると嬉しいけれど、途中ですだちを絞り入れると味わいがまた絶妙に変わって楽しい。

店名の「香川 さぬき麺業 東京駅店」ですが、この香川というのは地名ではなく社長さんのお名前(香川さん)なのだそう。場所柄10時から23時までの営業、遅めの時間にちょっと寄っていこう、という使い方もできるのがありがたい。オリーブ鶏も気になるけれど、次はかけ系のうどんをいただいてみたいな。ごちそうさまでした。



クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 23区東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。