2018年05月01日

うどん屋 きすけ〔大阪〕



梅田から新御堂筋を北へ、鶴崎町北交差点を右折して右側「うどん屋 きすけ」まいたけ天ぶっかけ800円をずずずずっっっっ。

大阪駅の北東側には、情熱うどん讃州(残念ながら閉店)、たけうちうどん、そしてこちらのお店と人気店が集まっています。今回はこちらのきすけさんへ。JRの大阪駅からだと15分くらい歩くでしょうか。東海道本線のガードに近い、大通り沿いの建物の1階になります。お昼時には行列ができることも多いようですが、幸い待たずにお店に入ることができました。

店内は長細いカウンター席とテーブル席が数卓。デコレーションの少ないシンプルなカフェのような雰囲気。メニューは冷たいメニューが生じょうゆうどん680円〜、温かいメニューがわかめうどん680円〜。釜揚げ系は釜たまうどんきすけ流800円〜、と、ちょっとこれ気になりますね。が、つめたい麺をつつっとすすりたい気分だったので、まいたけ天ぶっかけをお願いしました。ちなみにぶっかけでも「おあつ」とオーダすると温かいうどんがいただけるようです。

しばらく待って運ばれてきた丼は、水を絞ったのであろうそれほど太くない麺がおしぼり状に巻かれて黒い出汁に半身浴状態で浸かり、その上にまいたけ天と大葉の天ぷらが丼の半分近くを覆っていてなかなか豪快なルックス。薬味のネギ、生姜、ごまはデフォルトで散らされています。ではまず麺に箸をつけると、硬さはないものの、これでもかとぐいーーっという伸びがすごい。口の中にその麺を入れると、なめらかにして艶かしく唇を刺激し、歯の侵入を中心部で優しくしかし強靭に弾き返しながら、ちゅるると抵抗なく喉もとに落ちていきます。そして鼻にのこる小麦の風味。いいですね。ぶっかけ出汁の色は濃いめですが、味はそれほど強くはなく、かつキレがいいのでうどんの風味を邪魔しません。

まいたけ天は、少々ガリッとした仕上がり。でも、だらかこそうどんの食感との対比がおもしろい。そういえば、大阪のうどん店って「まいたけ天」をレギュラーメニューにするお店が多い気がしますが、なぜだろう。歯ざわりの軽い大葉天ともいい対比になっています。

麺がけっこうボリュームもあり、お腹いっぱいです。この麺ならばぶっかけ系でいただいて正解だったような気はしますが、いやいや、もしあkしたら温かいとまたテイストが変わるかもしれないし、釜玉も気になります。麺切れ終了だけれど、通し営業なので中途半端な時間にちょっとすすることもできるので、機会があったらまた寄りたいなぁ。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 中崎町駅中津駅(大阪メトロ)梅田駅(阪急)




タグ:大阪市 北区

クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | その他・番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。