2018年08月01日

日本橋 讃岐うどん ほし野 イオンモール北戸田店



イオンモール北戸田のレストラン街内「日本橋 讃岐うどん ほし野 イオンモール北戸田店」かけうどん480円にとり天200円をプラスして、ずずずっっっ。

チェーンのセルフうどん店が増える中、最近のフードコートにはうどん店の出店が必ずと言っていいほどある一方、レストラン街へのうどん店の出店は少なくなっているような気がします。ただ「日本橋 讃岐うどん ほし野」の姉妹店(というかボス?)の天丼の金子半之助はすでにフードコートに出店しているし、ほし野も場合によってはもっと展開、するのかもしれません。

それはさておき、北戸田のイオンモール内のこちらのお店に立ち寄ってみると、平日夜ということもありレストランコートは人通りはそれほど多くありません。こちらのお店も、先客1人のみ。店内はたしか全部テーブル席だったかな、お好きなテーブルへどうぞと声がかかります。

メニューは表にもありますが、テーブルにてあらためてチェック。かけうどん480円(温冷可能)、生醤油うどん480円、釜玉うどん580円という値付けは、この手の場所としてはなかなか良心的。牛カレーうどん、肉うどんなど親子層が喜びそうなメニューや、セットものもいろいろあります。少々考えた末、かけうどん(温)にとり天200円を追加しました。セルフではなく、店員さんがテーブルまで注文を取りに来てくれます。

しばらく待って運ばれてきたうどん、おっ、温かいかけ出汁に沈んでいるけれど、麺のしなやかさが見た目からも伝わってきます。実際、麺はわかりやすい抵抗感のあるコシが目立ちますが、みゅーんというノビもあり、このあたりが大規模チェーンのセルフうどん店よりいい仕上がりのように思います。歯を立てて飲み込んだあとから小麦の風味が口から鼻へとさっと抜けます。出汁はいりこが少々前に出ているものの、嫌味なく昆布やカツオとのバランスも悪くありません。それほど濃くないのでずずっと飲めます。トッピングのネギはデフォルトで散らされています。

とり天は、やや大きめのものが2ピースで、大葉と一緒に揚げられているのがちょっとめずらしい。鶏の下味はおとなしいけれど、その分大葉の香りが油を中和します。これは単独で食べるよりは、かけ出汁に沈めて食べるほうが美味しいです。

後客のご夫婦は、ベビーカーを押してのご来店。なるほど、こういう場所だとそういうお客さん前提でお店の設計がされているんだな、とあらためて納得。お店の推しメニューは肉うどんとのこと、今度はそれをいただいてみようかな。ショッピングモールですから、駐車場はあるし、中休みなく通し営業でしょうから、また立ち寄る機会もありそうですが、週末はどれくらい混んでいるんだろう。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 北戸田駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。