2018年08月01日

さぬきうどん めんいち〔高崎〕




高崎駅から東へ高崎環状線を越したあたり「さぬきうどん めんいち」ひもかわうどん・肉汁630円をずずずっっっっ。

高崎市郊外の住宅街、道沿いに立つ古い一軒家風情の建物にさぬきうどんの看板が出ているのが目印。さぬきうどんと書かれているけれど、こちらのお店の名物はひもかわうどん。きしめんのオバケのような幅広のうどんで関東北西部の桐生から熊谷、鴻巣、そして秩父方面に広がるエリアの郷土食といっていいでしょう。その意味では高崎はひもかわエリアからは微妙に外れていますが、そこは麺好きという群馬の県民性、訪れた時も平日の昼早めの時間というのに、お店はそこそこお客さんで賑わっていました。脱サラというご年配の親父さんが一人できりもりされています。

厨房を囲むL字型カウンター席と、小上がりの2卓という小さなお店、外観同様かなり年季が入っているように見えます。メニューはかけうどん/もりうどん380円をベースに、大盛り可(+100円)、麺と汁はそれぞれ温冷選べる、つまり量・麺温冷・汁温冷だけで2の3乗の組み合わせができます。この他にひもかわが肉汁/きのこ汁630円、もり/かけ380円があり、こちらは大盛りはできないとのこと。ということで、ひもかわ・肉汁でお願いします。

壁には紹介された雑誌や新聞の切り抜き多数。カウンターの上には天ぷらがセルフスタイルで用意されています。二段に置かれていて、上の段は一個120円、下の段は3個120円(!安すぎる。。)。ナス、ちくわ、ごぼう、舞茸、かぼちゃなどが並んでいます。お一人で営業されているので、都度揚げるのは難しいのでしょう。その脇には市販のソースが常備。あれ、群馬って天ぷらにソースな県民性でしたっけ? あ、水やお茶もセルフです。

さて、ひもかわ到着。おお、なめらかな麺線が白く輝いていて、もう見るからに美味しいとわかるレベル。幅4cmほど、厚さ1mm強でしょうか、これ以上幅広だと箸で持ち上げるのが困難になるし、厚さも適度に歯ざわりもよくこれくらいがちょうどいいように感じます。汁をつけずに少し食べてみれば、ほどよい塩気に茹でて味わいの増した精白された小麦の味がします。

つぎに肉汁に沈めてからためてみます。ほどよくなめらかな麺は幅広に加えて厚さのせいか汁によく馴染みます。豚バラ肉とネギは細かく刻まれ、時折麺と一緒に口の中に運ばれてきます。汁自体は甘さひかえめですが、嫌味のない自然な味わいで、そこに肉とネギの風味がプラスされて気取らない美味しさ。麺の量はあまり多くないように見えて、いやいやこれけっこうお腹にたまるんですよ。しかもしっかり噛むので満腹感もプラスされます。

表には「ひもかわうどん はじめました」と出ているので、あくまで讃岐うどんのお店であって、ひもかわはあとからメニュー追加したであろうことが想像できます。それでもこんなレベルの高いひもかわを提供されているあたりに、隠れうどん県群馬の面目躍如たるところじゃないかと思ったりして。きどらずふらりと食べに行くうどん屋さんという点ではなかなかの存在だと感じました。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 高崎駅(上信)高崎駅(JR)南高崎駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | その他関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。