2018年08月01日

善通寺うどん なが田〔小田急相模原〕




小田急相模原駅近く、サウザンロード商店街の1つ目の角を左に入る「善通寺うどん なが田」かけうどん580円に親子天ぷら250円を追加して、ずずずずっっっ。

"おださが"にあたらしいうどんのお店がオープンした、と聞いて、場所をチェックしてみたら、人気の串揚げ店「信玄」だったところではないですか。たしか昨年大将が他界して閉店されたと聞いた覚えが。。

信玄も結局訪問できずじまいだったけれど、新しいお店は讃岐うどんではなく善通寺うどん、、いや、確かに善通寺は香川県だけれど、善通寺のうどんだけが特に際立った特徴があるわけではないし。そして「なが田」という店名は、善通寺にある釜揚げうどんの超有名店「長田 in 香の香」との関係も気にならないわけがありません。なにやらいろいろツッコミどころがありそうな。

駅北側の商店街からちょっと入ったところにうどんの幟が見えます。奥行きのある店内は厨房を囲むL字型のカウンター席のみ。入口に土釜を模したオブジェがあり、また善通寺の観光マップや「同行二人」のお遍路さんの装束が飾られていたりします。夜はアルコールを楽しむお客さんが多いようですが、うどんだけでもOKです。かけうどん・ぶっかけうどん・ひやしうどん・釜あげうどん各580円、しょうゆうどん・釜玉うどんが630円。相場よりはややお値段高めですが、麺400gで量は多め。天ぷら類は、ちくたま、野菜、きわみなど数種類のセットになっていて、この中からかしわとたまごの組み合わせの「親子天ぷら」250円(単品300円)をお願いしました。

茹でたてを提供のため13分お待ち下さいとのこと。厨房は大将がうどん、男性が天ぷら、女性がホールをメインに適宜連携よく分担されています。

先にうどんができあがりました。かなり淡い色の透明なお出汁に、中太の麺がたっぷり沈んでいます。ちくわ二切れとカイワレが彩りにのっています。お出汁はいりこやカツオ、昆布のどれかが突出することなく、とても穏やかな味わい。東京圏でこの手のお出汁はほとんど記憶がない、強いて近いものを挙げるとすると、渋谷のやしまが少し近いか。温かいメニューとあって、麺には硬さはなくほとんど乱れのないストレート。歯を立てるとにゅっと入るけれど、中心部で軽い抵抗があります。小麦の風味も軽くあって量を感じさせずのどをするすると落ちていきます。お出汁がもう少したっぷり注がれてると嬉しいんだけれどな。。

まもなく天ぷら到着。とり天二つに半熟卵、色白に揚げられています。こちらもうどんの合間に食べてよし、淡いお出汁に浸してよし。麺も量がありますが、天ぷらも加えるとかなりお腹にたまります。

大将らしき方にお会計をしてもらう際に「善通寺で『ながた』というと、長田 in 香の香を思い出すんですけれど」と振ってみましたが、関連などはわからず。善通寺のあのお店は釜あげ専門店ですし、直接的な関係はないのだろうと思いつつ。今度は冷たいうどんも食べてみたいです。できればアルコールスタートで、天ぷらを先につついてから。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 小田急相模原駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。