2018年04月01日

しんたく〔富士吉田市〕




富士吉田市内、新倉富士浅間神社近く「しんたく」肉うどん480円をずずずずっっっ。

吉田のうどん(地元の人は吉田とうどんの間に「の」を入れます)は、富士講の方々をもてなしたという歴史もあるらしいですが、それよりもやはり明治大正時代の養蚕・機織という家庭内工業の間にささっと食事をとるためのものとしての広がりが大きかったんだろうなぁと思うのです。なぜなら、吉田のうどんを提供されるお店は、旅行客が行き来するような街の中心部に限らず、周辺の農村部の一軒家がお昼だけうどん屋さんを営業していたり、というケースが多いですし、さらにはあの無骨な固さは人をもてなすという要素ではなくもっと実直な理由からではないかと思うのです。

近郊農村地特有の分かりづらい小道をたどっていくと、普通の民家の軒先に暖簾がかかっているのが見えます。車の駐車は庭先に数台停められます玄関で靴を脱いであがると、畳敷きの広間と板の間にテーブルが並んでいます。茶箪笥などがでーんと置かれているのが民家っぽい。平日の昼ですが、地元の方と思われるお客さんで結構混んでいます。中には外国語をしゃべる方も。店内にもアルファベットの表記がありますし、このあたりはさすが観光客対応がしっかりしています。

テーブルの上には、注文用紙があり、これにオーダを記入して厨房に持っていくという、この地域ならではのシステムですが、余裕があるとお店のお母さんが注文用紙を取りに来てくれるようです。メニューはかけうどん・つけうどん400円から、肉、天ぷら、金ぴら、玉子、わかめとの組み合わせ。つけうどんは汁は温かいものFIXで麺は温冷選べます。替え玉150円というのはこのエリアとしてはわりとめずらしいかもしれません。今回は肉うどん480円をチェックして提出しました。

それほど待たずにうどんが運ばれてきました。吉田のうどんは太いので茹で時間がかかるため、ある程度見込みで茹でられています。また、おそらく歴史的な経緯(仕事の合間に急いで食べる)ということも、お客さんを待たせないようにということにつながっているんじゃないでしょうか。

さて、ごつい・固いといわれる吉田のうどんですが、こちらのお店もその例にもれず、いや吉田のうどんの中でもかなりの強度。しっかり噛みしめていると顎が疲れるほどですが、ゴツゴツさはあるものの麺の表面は意外にもつるつるとしています。これはなかなかおもしろい。この麺を活かすスープは、イリコだしを醤油と味噌で調味したオーソドックスなタイプ。あまりエキセントリックさのない、誰もがイメージする吉田のうどんをほぼ踏襲しつつ、若干麺に特徴のある一杯と言えそうです。

自家製辛味調味料の「すりだね」を、薬味と説明されているあたり、地元以外の方を意識されているのでしょうね。こちらのお店は2005年開業の比較的新しいお店ですが、自宅を改装したという建物は築100年以上とのこと。天気が良ければ固いうどんと格闘しながら、富士山が正面に雄大に見えるのも、観光客向きかもしれません(近くにの浅間神社や忠霊塔は富士山が絶景スポットの一つですしね)。それほど混んでいなければ麺をやわらかめに茹でてもらうこともできたはずだけれど、最近はいつも混んでいるようですからどうなってるのかなぁ。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 下吉田駅月江寺駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | その他・番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。