2018年03月01日

たぬき〔東松山市〕




東松山市内の407号線、新宿小学校交差点近く・東京靴流通センターとなり「たぬき」野菜天付きうどん600円をずずずずっっっっ。

こう言っては失礼だけれど、ぱっと見は国道沿いのさえない食堂風情。国道は何度も通過したことがあるけれど、「手打ちうどん」という看板は出ているものの、正直入ってみようと思わせるようなオーラは感じませんでした。お昼には少し早めというタイミングでとおりかかると、駐車場にはすでに数台の車、ということでピンと来てキュッと砂利敷の駐車場へ。平屋の建物の、入口にかかった紺色の「んどう打手」の暖簾をひょいとくぐって店内へ。椅子席がやや狭めに並んでいます。テーブル席のうちの一つに「予約席」と置かれているのは昔ながら。。本多難易は漫画単行本がそろっています。

メニューはつめたいうどんがさらしうどん400円〜、あたたかいうどんがぶっかけうどん400円〜とリーズナブル。さらしうどん、という書き方がちょっとめずらしい。記憶にある限りでは、高円寺の和乃家で見かけたくらい、これはどこかのエリア独特の言い回しなのかしら。きつね、わかめ、天付きなどはあるものの、武蔵野エリア特有の肉汁うどんというメニューは見あたりません。しかし、先客のサラリーマンは、そろって「日替わりランチ」をオーダされてるよう(他にも各種定食あり)。この日はとろろごはんとろろごはん、イカのかき揚げ天うどん、おひたし、サラダで750円。なるほど、これはお得感(と満腹感)がありますね。かなり惹かれるものがありましたが、炭水化物の摂取しすぎを自重して、野菜天付きうどん600円をお願いしました。奥からはトントンと包丁をリズミカルに操る音、おお、今まさにうどんを打っているところですね。

しばらくして運ばれてきたうどんは、予想外に端正なうどんで、ちょっと驚きました。硬すぎずムニュッとした中に力強さもあり、しかし表面はつるつるとなめらか。てっきり武蔵野系のうどんかと思ったら、このルックスといいほどよく伸びるコシといい、これは讃岐うどんの食感ですね。粉や製法はどうなんだろう。。汁も武蔵野系の暗黒甘辛汁ではなく、かつお出汁のきいた透明感のある上品なもの。しかし上品でないのは、天ぷらの量。茄子、さつまいも、何かの葉(苦笑)、人参、かぼちゃとたっぷりで、食べごたえがあります。しかも野菜の質も高くて、嬉しくなっちゃいました。薬味はネギ、ごま、そしてわさび。生姜がないのがこのエリアとしてはめずらしい。

店内には「(2018/)4/1 価格改定します」との張り紙(訪れたのは2018/3末)。さらしうどんやぶっかけうどんが450円になるそうです。どうやら、2009/6からずっと価格を据え置いてきたようで。。値上げしてもまだまだリーズナブルと思えるレベル、これはサラリーマンが好んで立ち寄るわけですね。今度はお腹をすかせて定食をいただきに来ましょう。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 東松山駅




クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。