2018年02月01日

あまのや〔所沢市〕




西武新宿線航空公園駅西口を出てセブンイレブンの交差点を左へ、しばらく進んで突き当りの五差路に看板が出ている「あまのや」もり肉汁600円にかき揚げ200円を追加してをずずずずっと。

野暮用を終えて夕方に立ち寄りました。駅から少し離れた住宅街ですが、大きな看板が出ているのですぐわかります。紺の「うどん」の暖簾をくぐると、店内はテーブル2つと小上がり3卓、予想より小さいな、と思ったらどうやら奥に二階への階段があるようで、靴の数とざわついている様子からすると宴会中のようです。

テーブル席に座り、メニューをチェック。
 もり肉汁  600円
 大もり肉汁 600円
 大大もり肉汁620円
と、大大と大仰なメニュー名なのに、普通のもりと20円しか違わないのがなんだかおかしい。
肉とかき揚げのつくセットが+300円、かき揚げまたはさつまいも3枚orまいたけ3枚(天ぷら)がつくサービス品が+200円らしい。それではかき揚げのセセットでお願いしましょう。メニューは他に天ぷらや丼ものが数種類の他、お酒のあて類が並びます。よく見るとどじょう天、どじょうの煮付けなんてメニューも。そういえば内陸の埼玉県は川魚食の文化がけっこうあったっけ、なんて思い出したのですが、客間の片隅によく見たらどじょうが泳ぎ回る発泡スチロールやバケツがあったり。オペレーションはベテランおねえさま数名、親切で気が利く対応に和みます。厨房にはご主人でしょうか男性も見えます。

さて、運ばれてきたトレイは、うどんと肉汁に加えて、薬味と「かて」が盛られた小皿、さらにかき揚げ。うどんの量はそれほど多くはなく、なるほどこれはしっかり食べたければ大や大大をオーダするのが良さそうですね。ではまずうどんをそのままずずっと。武蔵野エリアのうどんとしてはやや細めだけれど、歯を立ててみると表面はすっと入るものの中はしっかり抵抗感があります。洗練されたノビではなく、素朴な固さですが、それほど強くはないのでご年輩の方や小さなお子さんでも問題ないかと。そしてつつっと飲み込むのではなく、もぐもぐと噛みしめると小麦の風味がしっかり感じらる、やさしいうどんです。

肉汁は、肉とネギが入ったかつお出汁のきいたスッキリしたタイプ。どっぷり浸してもぐもぐと食べるのにいい具合。かてとして青菜に加えて赤い縁のかまぼこ(これ彩りとしていいですね)、それにうずらの卵がついています。ちゃんとうずらの卵を割るハサミのような器具もついています。かき揚げは予想よりも小さめのサイズですが、にんじんや春菊、玉ねぎなどがからりと揚げられ、なかなか美味しい。ただ、これは肉汁に入れるよりも、ビールのアテに食べたいかき揚げかも。(あるいは天丼で食べても美味しそう。)

私のあとにいらっしゃった常連さんは、オーダの際に「固めで」と好みを指定していました。たしかに武蔵野うどんとしてはやや柔らかめと感じるかもしれないけれど、アレですよ、地元の人はそんな硬いのが好きなわけではなかったりするんですよ。硬すぎる武蔵野うどんを食べて「こんなのは武蔵野うどんじゃない」なんって意見が出たりするわけで(実際、それで麺を柔らかくしたお店もありますし)。こちらのお店は地元密着型、「あまのや」のうどんを食べにいらっしゃるお客さんで賑わってる、だから地元のお客さんがたくさんいらっしゃってるのでしょう。ごちそうさまでした。



関連ランキング:どじょう | 航空公園駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。