2018年07月01日

讃岐のおうどん 花は咲く 新宿戸山店




国立国際医療研究センター病院や統計局から大久保通りを西へすぐ「讃岐のおうどん花は咲く 新宿戸山店」かしわ天ぶっかけ950円をずずずずっっっっ。

「花は咲く」といえば中野の人気讃岐うどん店ですが、新宿戸山に支店を出されたとのこと。最寄りの若松河田駅から歩くと6、7分かかるでしょうか、それでも病院や官公庁があり、バス通り沿いということもあって人通りはそこそこあります。店頭に「食べログ うどん100名店」の幟が。そして店頭の看板では「極上の肉うどん」と大きな文字で書かれていて、どうやら相当肉うどん推しのようです。

店内はカウンター席とテーブル席数卓。カウンター席についてお品書きをを眺めると、ここでもやはり肉うどん推し、ですが肉うどん1,600円、肉ネギうどん1,500円、とかなり強気なお値段。小心者なのですっかりひいてしまい、あわてて他のメニューから、かしわ店ぶっかけ950円をオーダしました。冷温選べるようで、冷やしでお願い。しかし、オーダがとおってから、アナゴ天も結構推していることに気づき、そちらにすればよかったかな、と少々後悔。

お店は若い男性3名ほどで回されているようです。BGMも彼らの趣味なのか、元気のいいJ-Popsが中心。メニュー構成も彼らのセンスなのかな、なんて思っていると、「よろしければおとおしをどうぞ」と、鳥とネギ、人参の胡麻和えをサービスで持ってきてくれました。注文が入ってからうどんを茹でるとどうしても時間がかかってしまうので、こういうサービスはありがたいなぁ、他のうどん屋さんでも広まってほしい。。

さて、かしわ天ぶっかけ到着、いただきます。まずはうどん、めらかかつ爽快にくちびるににゅるにゅると官能的な刺激を残しつつ、一方でくいーーっと実に伸びやか。東京圏の讃岐うどんというと、噛み締めたときの抵抗感が強いコシの麺がほとんど(きっとそれを期待されてるんだろうなぁ)ですが、これだけ伸び系のコシに徹した麺は東京圏ではなかなかないような気がします。ぶっかけ出汁はあまり強い主張がない(ように感じました)ですが、この麺にはあいます。

かしわ天は揚げたてです。もも肉が4つで、けっこうボリューミーですが下味は控えめ、これも出汁にあわせたかしら。かしわの味が意外とおとなしい分、刻まれたネギとサクサクの天かすの存在感が浮き上がります。特になめらかな麺にまとわりつく天かすがいいなぁ。。途中で大根おろしを崩し、さらにもう少ししてからレモンを絞り入れ、自分の好みの味に落とし込みます。

中野のお店にも何度か行きましたが、新宿戸山のお店は麺や出汁は同じ方向を向きつつ、メニューや接客などはけっこう違う方向を向いているように感じました。なので、中野のお店に送られたであろう「食べログ うどん100名店」の称号をこちらのお店が名乗るのは少々違和感がありますが、まだこちらのお店は始まったばかり。もしかたら試行錯誤があるのかもしれません。いつかあぶく銭が入ったら、こちらの肉うどんをがっつりいってみてみたいものです。もちろん食前酒からね。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 若松河田駅東新宿駅早稲田駅(メトロ)





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 23区西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。