2018年03月01日

本格讃岐 うどんの小槌〔学芸大学〕


学芸大学駅改札を出て右手に回り込み線路沿いに進んで左側「本格讃岐 うどんの小槌」釜揚げうどん 天ぷらセットをずずずずっっっ。 もともとこの場所は烏麦乃実という自然食品のお店だったような覚えがありますが、あらためて>サイトを見てみると今でもこのうどん店と同じ住所になっています。これはどういうこと? 実際お店に入ってみると、烏麦乃実の文字の入った唐辛子や胡麻などの調味料が売られているようですし。。 それはともかく、朝から夕方までの営業というのは、なんだか健康的というかなんというか。。平日の朝に立ち寄ると、ちょうど先客がごちそうさまとお店を出られるところ。お店は表から狭い通路を入ったところにあり、先客が店外に出るのを待って店内へ入りました。通路の脇には製麺室があり、ご主人でしょうか、うどん玉と格闘されています。 客席側を仕切られているのは奥様かしら。壁には香川のポスターが貼られ、いかにも讃岐うどん店的な雰囲気があります。 メニューをチェックすると、一押しは[b:釜あげうどん730円]のよう。[b:ざる天ぷらうどん]650円からの値付けで、[b:天ぷら盛り合わせうどん]1,250円までという値付けになっています。ん?ざる天ぷらうどんということは素うどん系はないのかな、と思ったら、「天ぷらナシは100円引きます」とのこと。朝だったので天ぷらなしでもいいかなとも思ったものの、まずは一押しの釜あげうどんをお願いすることにします。天ぷらは魚天、肉天、野菜天から選べるようで、草食系男子としては野菜天をチョイス。 朝ということもありすっとうどんが提供されるかと思いきや、10分以上待ちます。つまり、これは釜あげを都度茹でているということ。天ぷらも茹で上がりに合わせて揚げられているようです。真面目なお店であることはわかりますが、茹で時間がかかることの説明があるとより親切かもしれません。 運ばれてきたお盆には、釜あげの麺が入った桶というかたらいというか、いんげん・さつまいも・たけのこの天ぷら、これに赤い塩(ヒマラヤ塩かな)が添えられます。薬味のネギと、さらにお稲荷さんが一個、「お稲荷さんは朝のサービスです」とのこと。 では早速いただきましょう。麺は釜あげなので〆られていませんが、ふわりとした食感ながら内部で軽く抵抗感を示す喉ごしのよいもの。甘さ控えめのさっぱりしたつけ汁でずずずっといただけば、喉を軽快に落ちていきます。あ、もしかしてこのつけ汁のさっぱり感は自然食品系と関係があるのかな? 麺に伸びるコシはまあり感じませんでしたが、〆ると違う性格が出てくるかもしれません。天ぷらはコロモも薄く上品な仕上がり。お稲荷さんは三角形で底がオープンな讃岐タイプのものです。 ぞぞぞっと麺を平らげ、天ぷらとお稲荷さんまでいただけば結構満腹。お会計をお願いすると、680円、、あれ、50円安くないですか?と尋ねると、朝は50円引きサービスなのだそうです。あー、それならどこかにそう書いてあるといいんじゃないかなぁ(私が見落としているだけかもしれませんが)。でも、奥様も厨房のご主人も、まじめな方であることはよく伝わってきました。安価路線のうどん店とはコンセプトのちがう、まっとうなうどん屋さんですね。 夕方までの営業ですが、アルコール類も置いています。ちなみに同名のセルフうどん店が徳島にあるんですが、関係があるのかなぁ、、思いつきのネーミング系店名じゃないですし、なにか関係がありそうな気がしますが、、ごちそうさまでした。

関連ランキング:うどん | 学芸大学駅




クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 23区南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。