2018年01月01日

びんむぎ セレオ八王子店〔うどん〕




セレオ八王子の8階食堂街内「びんむぎ セレオ八王子店」白浅間 980円(税別)をずずずずっっっっ。

八王子駅の駅ビルに、なにやら見慣れない名前のお店がオープン、、ということで様子を見に行ってみたら、びんむぎ、つまり備中手延うどんのお店らしい。それではと立ち寄ってみました。アイドルタイムだったのでお客さんは多くはありませんでしたが、それでもちらほらといらっしゃるようです。ようです、というのは、席が仕切られていて全体がよく見えない、それでいて閉塞感があまりないセンスのいいファミレスのような造りです。

メニューもファミレスのような作りで、かけうどん600円からありますが写真はなし。海老天ざるや鍋焼きうどんといったメニューもありますが、「うどんと枡すし」といういわゆるセットもののメニューや「広島産牡蠣」「鴨」カテゴリーもあり、さらには創作系メニューもああれこれあります。価格帯は900〜1,000円超えがほとんど。うーん、何をいただこうか迷いますね。さらにメニューの後ろの方にはきしめん、串かつ(味噌)、手羽先、、あれ、備中うどんのお店かと思ったら名古屋系まで。結局、白浅間と書かれた、要はカレーうどんのようなのですが、丼の上が真っ白な写真が気になってこれを頼んでみました。ちなみに、黒浅間という牛肉とネギがメインのメニューもあります。ところでなぜこれが浅間というネーミングなんだ?(答えは後-笑)

運ばれてきた丼は、なるほどメニュー写真どおり丼の上を白いムース状のものが覆っています。これはジャガイモのムース状のクリームで、味はそう強くありません。中央にトッピングされている砕かれたフライドガーリックが味のアクセントになっています。その下から引っ張り出したうどんは、ひもかわ状の少し扁平なものですが、ほどよくここちよくびよーんと伸びます。表面はやや波打っているもののつるつるで喉越しはなかなか。ところどころ麺の端の幅広部分があるのがおもしろい。

カレーは万人向けの辛さ、ほどよいとろみがあり、麺との絡みもいいかんじ。ときおり感じる玉ねぎのじゃきっとした食感と甘さが効果的です。ジャガイモも入っていますが、この食感は冷凍かレトルトか、ほっこりした食感でないのが少々残念。

紙エプロンの用意もあるのが、食べるのがヘタな私にとってはありがたい。蛇足ながら、このエプロンは結びにくい紙ひもタイプではなく頭からすっぽりタイプで使いやすく、このあたりもファミレス展開のノウハウからかしら。メニューの手羽先のところで気が付きましたが、こちらのお店は名古屋に本社がある和食のサガミのチェーン店なのですね。たしかにサガミの手羽先は自信作らしく隠れたファンがいますし、味の民芸、水山などうどん系の店舗も展開しています。びんむぎというブランドは、今のところ軽井沢のプリンスショッピングプラザ(要はアウトレットのフードコート)とここ八王子の2店だけのようです。はっ、メニュ−名の「浅間」は軽井沢から見える浅間山からとったものだったのか。。しかし八王子にこのブランドを出店の意図、そして今後店舗数が拡大するのか気になります。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 八王子駅京王八王子駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 多摩西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。