2017年12月01日

讃岐うどん 豚丼 麦〔東神奈川〕



東神奈川駅から横浜駅方向へ向かう国道1号線沿い、横浜銀行アイスアリーナの手前「讃岐うどん 豚丼 麦」かけうどん390円をずずずっっっ。

2017/11オープン。お店は国道沿いなのでわりと目立ちますが、入口は脇の道になります。表にはいかにも讃岐うどんという写真入りのメニューが出ています。平日の夜お邪魔してみると、店内はカウンターのみ、厨房いらっしゃるおかみさん一人で仕切られています。夜はほぼ立ち飲み屋さん状態ですが、うどんだけでもOKとのこと、ちょいと食べていきましょう。

メニューは釜揚げうどん、ざるうどん、かけうどん390円と釜玉うどん430円のベーシックなもののみ。入口脇に休眠中の小さな券売機があるので、昼だとオプションがあるのかもしれません。店名にもなっている豚丼は昼のみの提供とのこと。一方、アルコール類やおつまみ類は200-300円程度とお手頃です。駄菓子食べ放題500円(だったかな)なんていうおもしろいメニューもあります。先客氏はおかみさんと世間話をしながらゴキゲンそうです。

今回はベーシックにかけうどんをおねがいしました。讃岐うどんの本場香川でも、一番ベーシックなのはかけうどんですし。するとおかみさんはタッパーから生麺を取り出し、ほぐしてお湯に投入。おお、茹で上げをいただけるのですね。茹で上がるのを待つ間に、先客やおかみさんと会話が始まったり、このあたりが立ち飲み店のおもしろいところです。麺は讃岐から仕入れているのだとか、お昼は近所の専門学校生で満員だとか、換気が良くなくて茹で始めると湿度があがって大変なので夏場はどうしようだとか。。。

さて、かけうどん、いただきます。中太で幅がほぼ揃った麺がちゃいろいかけ出汁に沈みます。先にかけ出汁をすると、いりこではなく鰹節に昆布で味を整えられた味です。いりこの甘めの風味ではなく、かつおのスッキリした味と醤油で組み立てられた汁は、讃岐系というよりは関東風かもしれません。麺はほどよくグニグニと抵抗感のある、これは讃岐的な食感。小麦の風味も感じます。

このうどんなら、やはり上に何かトッピングをのせたいなぁ。それもいいけれど、今度はちょいと飲んでちょいとつまんで、同席したお客さんやおかみさんと会話を楽しんで、〆にうどんというコースにいきたいな。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 東神奈川駅仲木戸駅反町駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。