2017年10月14日

むさし家〔新座 うどん〕



新座団地入口交差点から団地方向へ、次の角を右へ「むさし家」つけうどん 肉汁800円をずずずずっっっっ。

新座団地は1970年に入居がはじまったので、そろそろ50年近く、入居者も高齢化が進んでいるのかしら。こちらのお店はその入口近くにあり、おそらく団地を中心に周辺の方のお手軽な食事処なのでしょう。週末、ランチタイムを少しはずしてお邪魔してみると、先客なしの貸切状態。お店ではお孫さんと思われる子が遊んでいました。入口脇には新聞や週刊誌、漫画などがたくさん置かれています。テーブル席と小上がり席があり、テーブル席へ。お店のおばちゃんがお茶を淹れて持ってきてくれます。

クリアファイルのメニューに加えて壁にも短冊メニューが多数貼られています。そば、うどんに加えて定食類が多数。夜は居酒屋としても機能しているようで、おつまみ類のメニューもあります。少々迷いましたが、もりそば/うどんで汁が数種類から選べるのを見つけ、これで豚汁でお願いしました。

ピークタイムでなかったからか、おそらく注文を請けてからうどんを茹で始めたのでしょう、15、6分ほど待ったでしょうか。運ばれてきたうどんを早速いただきます。うどんはいわゆる武蔵野系のごっついタイプではなく、太さもほぼ均一な中太でややざらりとした食感、噛み切ると小麦粉の風味を感じます。昔から関東の農村部で食べられてたうどんはこういうタイプだよな、と思うと同時に、おそらく高齢化の進むご近所の方の好みがこういううどんなのかもしれないと思ったりもして。量がやや少なめなのもそう思わせる一因です。

肉汁は醤油がしっかりきいた豚肉、ネギがたっぷり、キノコも入っています。しっかり煮込まれていますが、アク取りや脂をていねいに取られているのでしょう、舌に残るような味はありません。ネギが、筒切りではなく長細くカットされているのがちょっとめずらしい。このカットだと、ネギがうどんと一緒に自然に口に運ばれるので好きなのです。

終始貸切状態でしたが、和やかな雰囲気のお店でおいしくいただきました。お会計の際には「おまたせしてスミマセンねぇ」と声をかけていただきました。いやいや、茹でたてをいただけるのなら待ちますよ、と返事。夜にこのお店でゆるゆると飲むのもおもしろそうです。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 柳瀬川駅新座駅志木駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 14:00 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。