2017年08月23日

踊るうどん 滝井本店〔守口市滝井〕



京阪本線滝井駅、西口左手すぐ「踊るうどん 滝井本店」まいたけ天ぶっかけ670円をずずずずっっっっ。

関東の人間にとって滝井はまったく馴染みのない地名ですが、近くに関西医科大学病院があるからか、平日の日中でも人の姿がけっこうあります。とはいえ住宅街で高い建物は病院以外には見当たらず、どこかのんびりした雰囲気もあります。こちらのお店は、駅すぐのところで青く大きいひさしに店名が書かれているのですぐにわかりました。お昼時、白いのれんをくぐると、店内はテーブルはほぼ満席、カウンター席の奥が空いていたので案内されました。

「踊るメニュー」と書かれたお品書きは右上からぶっかけ、生じょうゆ、釜玉、下にかけが並んでいます。むむ、ということはぶっかけが推しらしい。しかもまいたけ天の入ったメニューが多く、一番右上がまいたけ天ぶっかけと書かれているので、670円というお値段もなかなかリーズナブルだし、これをお願いしましょう。

そう待たずにお盆が運ばれてきました。ということはおそらくある程度見込み茹ででしょうね。昼は回転がいいですし、ノープロブレム。むしろ提供時間はまいたけ天の揚げたてにあわせたのでしょう。大きな器に弧を書くように流麗な中太麺の上に、小分けにされたまいたけ天の他に、花かつおがひとつまみ、それに白ごまが散らされています。薬味は別皿で、大根おろし、おろし生姜、たっぷりの刻みネギ。普通はうどんから口にするのですが、今回はまいたけ天にまず箸を伸ばしました。うん、さっくり揚がったまいたけ天、コロモが厚すぎず油が回りすぎておらず、程よく油を吸ったまいたけがいい具合です。

つぎにうどん。おそらく手捏ねで寝かせた玉を製麺機で仕上げたものでしょう。つやつやに光るうどんはあまり太くないので数本箸でとり口にすると、硬さ皆無でなめらかな麺が心地よい。つるつると勢い良くすすれば、その麺は口先でぷるるっと軽快に踊ってから収まります。抵抗なくのどを通りますが、かるく咀嚼すれば小麦の風味がふわりと広がります。

あっというまにお腹に収まってしまいました。口先でうどんが踊るのでこの店名かと思ったら「踊るようにおいしいと感じてもらえるうどん」を目指されているのだそう。大阪駅前第3ビル地下2階に梅田店を出店しているので、忙しいときはそちらに立ち寄る手もありそうです。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 滝井駅千林駅太子橋今市駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 13:00 | Comment(0) | うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。