2017年01月24日

カレーうどん 二代目長作〔新秋津〕



新秋津駅、広場右手の道を進んで間もなく左側「カレーうどん 二代目長作」さばカレーうどん600円をずずずっっっ。。

新秋津駅から西武線秋津駅へ向かう左手の商店街は遅い時間までひっきりなしに人が行き交いますが、右側の住宅街に向かう商店街は人通りも少なめ。夕方、青い看板が目印のこちらのお店を見つけました。白い暖簾には「カレーうどん」の文字が。しかし扉を開けるも先客0で貸切状態でした。厨房ではご主人がお一人で仕切られている様子です。

入口の券売機、1段目が「カレーうどん」「カレー丼」「おむれつ丼」と並んでいて、うどんよりも丼の方が多いんかーいと心なかでツッコミ。2段目に至っては「野菜カレー丼」「さばカレー丼」「チーズカレー丼」「カレーおむれつ丼」と全部丼やないかい。そして3段目に「鳥ももステーキ丼」があるも×印があり、右側に「チーズカレーうどん」「さばカレーうどん」のボタンがあり、下側にこっそり「おすすめ」なんて書いてある。。しかもさばカレーってちょっとめずらしいですよね。ということでこれをポチッと。

カウンター席に陣取り、待っている間に店内を眺めますが、きちんと整理整頓された手入れの行き届いたお店というよりは居酒屋的なざっくばらんな雰囲気。テーブル席も数卓あります。以前は居酒屋か何かの場所だったのかしら。

さて、さばカレーうどん。デフォルトで福神漬けつきのライスがセットのようです。まずはうどんをずずっと。もちもちむにっとした麺は冷凍麺でしょうか。カレーはさばも入っていますがベースはチキンのようで、ほぐれた鶏肉と粘度のたかいスープがうどんにほどよくまとわりつきます。そして口にすればたしかにサバの風味、正確には鯖缶の風味がしっかりと。トマトの酸味、玉ねぎの甘みがサバの風味と拮抗します。これは鯖缶を使っていんでしょうねけ。サバのカレーは日本人経営のインド料理店で食べたことがありますが、なるほどこれはうどんにもあいますね。ライスにあうものはうどんにもあう説、健在也。

うどんを食べきったところに、ライスを投入して食べるのがお約束。うどんもいいけれど、カレーを吸うところはライスの偉大なところであることを確認しましたが、でも、これだけ粘度があるので、うどんでも十分楽しめます。

個人的にはもう少し辛くてもいいので、辛さを調整できる調味料が置いてあるとうれしいかも。西武線と武蔵野線の乗換の時に、ちょっと足を伸ばしてこちらのお店、なんてのもいいんじゃないでしょうか。20時までの営業なので、飲んだ後の〆、というわけにはいかないのがちょっと残念。このカレーうどんは飲んだあとによさそうなんだけれどなぁ。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:カレーうどん | 新秋津駅秋津駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 19:00 | Comment(0) | 多摩北部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。