2016年11月20日

とちの実〔檜原村 食堂〕



檜原村の最奥、都民の森内「とちの実」ざるそば650円、檜原こんにゃく・大根・牛すじの煮物300円をいただきます。

「東京で、お空にいちばん近い レストラン」というコピーどおり、標高1,043メートルの森林館の中にあるレストラン。レストランといっても規模はそう大きくはなく、料理の数も限られていますが、それを補って余りあるのが周囲の環境。新緑、紅葉の季節もいいし、夏に木陰をとおる風を感じながらの食事もたまりません。

入口の券売機でざるそばの食券を購入、そしてつい目についた本日の小鉢メニューの檜原こんにゃく・大根・牛すじの煮物も。厨房に食券を出して席を確保し、そう待つことなく呼ばれて取りに行きます。いわゆるこの手の公共施設のレストランは、以前だとがっかりする内容も多かったですが、最近は限られた設備の中でがんばられているものも多いですね。蕎麦はやや扁平でちゃんと蕎麦の風味がするしっかりしたもの。水がいいのでしょうか、よく〆られてコシもあります。

小鉢のこんにゃくは檜原村の特産品、アクもなくなめらかな舌触りとほどよい弾力が心地よい。これが牛スジと煮込まれていれば、もう間違いありません。居酒屋のてきとーに煮込みました的こってりしつこいタイプとはちがう、あーこれはビールだよビール!、、あ、でもゴハンにもめちゃくちゃ合いそう。。

予約で檜原村の伝統料理「おいねめし」も提供されているそうです。おいね、は、かつておいねさんが都留から嫁入りするときに持ってきたという、じゃがいもの古来種。私も売店で買って自宅で食べましたが、男爵系のほっこりとメイクイーン系のねっとりした食感の両方を兼ね備えていてなかなか美味しかったです。おいねめしはおいねさんの芋だけでなく、たくさんの小皿料理をそろえたものとのこと。いつか都民の森のトレッキングコースを歩きまわり、帰る前に立ち寄ってあれこれいただいてみたいものです。ごちそうさまでした。



関連ランキング:定食・食堂 | 奥多摩





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多摩西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。