2017年06月23日

udon.おりはら〔春日部市〕



東武野田線もといアーバンパークライン南桜井駅北口をまっすぐ、桜川小学校の裏手に回り込む「udon.おりはら」肉汁うどん650円をずずずっっっ。

駅前広場の前に複合商業施設があるけれど、見回したところ4階建て以上の建物もなく、住宅地の上の空が広く感じる典型的なアーバンパークライン線沿線の風景。そんな駅前から歩くと徒歩10分ほど、住宅街の中にそっとこちらのお店があります。ご自宅を改造されたのでしょうか、駐車場が3台ほどあり、その脇からお店に入ります。店内もダイニングを改造したのかな、あまりお店っぽくありません。お昼過ぎ、先客は幼児連れのママさん2組。

こちらのお店、日祝は休みで月曜日は蕎麦限定15食、火曜から土曜がうどん提供というちょっと変則的なお店なのです。手前のテーブル席に座り、メニューを手に取ると表紙にはコバトンの親戚のような(多分)オリジナルキャラクター「ムギちゃん」が。店内の他の数カ所にもこの絵が書かれています。この日はうどんの日、つけ汁系・ぶっかけ系・かけ系の他セットや丼ものもあり、力うどん、けんちんうどん、カレーうどん、、何をいただこうか迷います。。がトップにかかれていた肉汁うどんの文字が気になり、これをお願いすることにします。

おそらく都度茹ででしょう、しばらくして運ばれてきたうどんは、それほど太くない、見た目優しい感じのうどん。切り方などからすると、讃岐よりは武蔵野っぽく見えます。まずは一本うどんをそのまま口にしてみると、武蔵野のような男性的なゴツゴツ系ではなく、讃岐のような女性的なしなやかさを備えています。が、まあこれはナントカうどんとカテゴライズする必要のない、おりはらのうどんと言うべきでしょう。一方、三元豚を使っているという肉汁は、醤油と甘さがけっこう強め。しかし、その強めの味に豚の味が負けません。底に沈んでいる四角にカットされた油揚げが、汁とうどんの馴染みもよくいい味をだしています。

添えられている小皿の大根漬けが美味しく、あまじょっぱい肉汁の口休めのちょうどいい。これ、別料金でいいから(かて代わりに)追加のお漬物とかほしいなぁ。つけ汁は全部飲んでってね、とばかり、女将さんが茹で湯を持ってきてくれます(というかはじめからトレイに乗っています)が、塩分控えめなオトナの事情によりここは遠慮。アルコール類も各種あり、それにあう一品料理の用意もあるので、近所ならば軽く飲んでうどんで〆、というのも良さそうです。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 南桜井駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。