2017年05月30日

優楽庵 八度〔新中野 居酒屋〕



地下鉄丸ノ内線新中野駅 4番出口を出て小路を入る「優楽庵 八度」伊勢うどんセット500円をずずずずっっっ。

ランチタイムに、数軒の飲食店が左右に並ぶ小路をふらふらと歩いていると、奥に見慣れないボードを発見。え?伊勢うどん?ええええ?見てはいけないものを見てしまった。。。そもそもこんなところにそんなお店があったっけ?と思って近寄ってみると、どうやら最近オープンした小さな居酒屋さんがランチをやってるらしい。それじゃ、お邪魔してみましょうか、と開けっ放しの入口に向かいます。

店内はテーブル数卓、15人ほどで満員の小さなお店。先客は1人客ばかり数人、あー伊勢うどんの丼を抱えている人がいる。店主さんは厨房で一人格闘中。少し気長に待ちましょう。しかし、店内に夜のメニューはあれこれ貼られているものの、ランチメニューは見当たらない。もしかしたら私の背中側にあったのかな? きょろきょろしていると店主さんがお冷とおしぼり、箸を持ってきて「えーと、セットでいいですね?」と尋ねるのでよくわからないままハイと答えました。(提供時間がかかっても困るしね)

先客のうどんを持ってくるついでに、私のサラダが運ばれてきました。これを食べていると、やがて私のうどんも到着。うん、コシのないモニュモニュの白い麺に、たまり醤油ベースのコクのある黒いタレ、それに刻み青ネギが散らされています。麺は伊勢うどんとしてはわりとツルツルタイプ、好みとしては少しざらりと下くらいのほうがタレと絡んで好きなのですが、まあこのへんは好きずきでしょう。のどを優しく落ちて、胃袋をほっこりとさせます。黒いタレも見たほど濃くはなく、伊勢うどんとしては比較的あっさりとライトな方。このあたりは、食べやすいようにと店主さんがチューニングしているのかもしれません。

しばらくして、おにぎりのお皿が運ばれてきました。昆布の佃煮が添えられているのは嬉しい。おにぎりは具材なしのシンプルなやつかと思いきや、中から何やら天ぷらのコロモのようなものが、、、そうか、これは天むすだ。そう理解した瞬間、小さいながら存在を誇示するえび天が香ばしく風味を放ちます。

食べ終わり、結局いくらだかわからずにお会計で1,000円札を差し出すと、500円返ってきたじゃないですか。えー、ワンコインだったんだ。うどんにおにぎり・サラダ付きでこのお値段、立喰いそば並のお値段です。ちょっとびっくりです。このあたりに来たらまた寄ってみようかな。人の良さそうな店長さんはその世界では知る人ぞ知る方のようで、、ごちそうさまでした。



関連ランキング:居酒屋 | 新中野駅中野新橋駅中野富士見町駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新中野・中野新橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。