2017年05月24日

純讃岐 くるみ〔青葉台 うどん〕



東急田園都市線青葉台駅、長津田方向へ線路沿い左側の道を進んで3分ほど「純讃岐 くるみ」かけうどん500円にかしわ天200円をずずずずっっっ。

2017/3にオープンしたこちらのお店、平日夕方にお邪魔してみると、ほぼ満席と早くも人気店のよう。しかも、土地柄か平日でもお子様連れの姿が目立ちます。パパと小さな子、なんて姿もあるのがなんとも微笑ましい。

メニューは、かけ・ひやひやが500円、つけ550円、冷やしぶっかけが600円という設定。これに各種トッピングを組み合わせることができるので、今回はかけにかしわ天200円を追加しました。「(19時まで)あと十分ほどビールが280円(だったかな?)ですがいかがですか?」とすすめられましたが、残念ながらこの日は食事だけで。事情が許せば茹で上がりを待ちながらビールと一品、というのもいいものです。ある程度見込み茹でかもしれませんが、茹でたてを提供されるためにお待たせすることがあるとのこと。実際、10分ほど待ったでしょうか、茹でたてにあたるのならば嬉しい待ち時間です。その間に壁に貼られたメニューを眺めていますが、手書きの絵が描かれた夜の一品メニューがなかなか楽しい。そして観音寺揚げというメニューがあるので、香川でも西讃の方に縁のある方なんでしょうか。あ、お子様メニューなんてのもあるのですね。場所柄だなぁ。

さて、運ばれてきたうどんとかしわ天、早速いただきます。まずはかけ出汁を一口。澄んだお出汁はいりこがよくきいています。塩分が控えめなのでいっそういりこのふわりとふくよかな風味が目立ちます。たしかこの味は西讃方面に多い味じゃなかったけ(やはり観音寺あたりで修行されたのかしら)。手打ちといううどんは固さはなくモニュモニュとした食感が楽しい。都内で讃岐を謳うお店の、しっかり寝かせてシュッとしたコシのある麺とは少し違うけれど、本場讃岐だってそういう麺ばかりじゃなくこういうモニュモニュ系のお店もあったりするわけで。おそらく粉の特性なんだろうなぁ、と想像したりして。もしかしたら冷たいメニューのほうがこの麺の威力が発揮されるかもしれません。

別皿で添えられた2個のかしわ天は、20cm強の棒状のもので、こういうタイプのかしわ天は初めて見た気がします。塩コショウで程よく下味のついたかしわに、天ぷらというよりももっとサクサク感の強いコロモがついて、なんだかスナックを食べているみたい。1個はそのまま、2個めは汁に浸しながら食べましたが、浸しても衣は剥がれず、汁に油のコクが加わります。

ということで、次に訪れる機会があったら、ひやひやか、ぶっかけ系を試してみたいです。もちろん許されればその間にぐびりといきたいところ。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 青葉台駅



クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック