2017年05月22日

アジア食堂パクパク〔西新宿五丁目〕



山手通りと方南通りの交差する本町三丁目交差点から、新宿方向へ斜め右側の小路を入る「アジア食堂パクパク」日替わりアセアン定食750円をいただきます。

たしかもともとモヒートテーブルという、バー的な要素の強いお店だった場所ですが、ランチがテイクアウトのお弁当しかなかったので足を運んだことがありませんでした。久しぶりでのぞいてみたら、店名が変わってランチのイートインもできそうではないですか。

イートインは2階ですが、まずは1階の注文口へ、テイクアウトのお客さんもいて数人並んでいます。待っている間にオーダーを考えます。トムヤム冷し中華680円、担々つけ麺780円、ボンベイ麻婆780円、グリーンカレーつけ麺890円などありますが、まずは日替わりのアセアン定食をお願いしてみましょう。何が出てくるか楽しみです。

先にお会計、青いプラチップをもらって2階へ。簡素な椅子とテーブルが並べられ、水やスープ、それにおかわりのライスなどはセルフのようですのです。このあたりもう一言店員さんから説明があるといいんじゃないかと思いますが。ちょうどオーダが立て込んでたので少々待ちましたが、混んでいなければ料理はすぐ出てくるようです。あ、そう言えばライス少なめ宣言をし忘れた。。

アジア系の若いお兄さんが運んできたアセアン定食、うわっこんもり。ええと、(このお店のメニュー名で言うと)シンガポールチキン、パタヤ風唐揚げ、それにもう1品鶏をおそらく腐乳やニンニクのソースで炒めたもの。ってことは、全部鶏料理じゃないですか。トリ・トリ・トリ。。これはライス少なめにしなくて正解だったようです。

これは勢いをつけなければ食べきれない、と覚悟して、まずは炒め物から。ややピリ辛ながらあまりクセはなく、食べやすい。レタスや青菜が敷かれているので、野菜もしっかり食べられます。。が、いかんせんチキンのボリュームが多すぎる。これ、女性だと食べきれないんじゃないかしら。パタヤ風鶏の唐揚げはどのあたりがパタヤ風なのかよくわかないけれど(もしかして下味をナンプラーでつけたのかな?←我が家の鶏唐はいつもコレ、おすすめです)、揚げたてではないもののサクサクとしていて、これはこれであり。シンガポールチキンは一転味薄め、机に常備されている東南アジア系調味料セット(タイ料理店などでお目にかかる調味料セットね)で味を調整して、たっぷり添えられているパクチーと一緒にライスにオンしていただきます。

小さな蓋付きガラス瓶に入っているのは、デザートのコーヒーゼリー。ホロ苦にホロ甘で、十数分のチキンバトル(鶏との格闘)の余韻を甘く上塗りします。

お客さんは女性客が多く、明らかに日本語でない会話をしている方も少なくなく。こういう店は、私より年上の世代の男性はほとんど見かけませんね。この日の内容はともかく、アジア系はヘルシーな料理が多いから、ご年輩の男性にもいいと思うんですけどね。ごちそうさまでした。



関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 西新宿五丁目





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西新宿五丁目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。