2017年03月17日

カレー&ハーブ チェリーブロッサム〔新百合ヶ丘〕



小田急線新百合ヶ丘駅、バスターミナルへ降りる階段の裏手「カレー&ハーブ チェリーブロッサム」チェリーブロッサムカレー1,300円をいただきます。
仕事の移動の間、そういえば若い友人が「新百合のチェリーブロッサムのカレーがめちゃ美味しいから!」と言ってたのを思い出し、言われた場所に行ってみますが、見当たらず。このあたりは何度か来たことがあるはずなのに、見覚えがないなぁ、とぐるぐるまわって諦めかけた時に、階段の裏手というか下のスペースにこちらのお店をようやく発見しました。カウンターが6席ほど、中の厨房スペースは一畳ほどしかないかもしれません。一応お店の前の(無理やり言えば)テラス席でも食べることはできるようです。

しかし、この規模のお店のわりに、お値段が強気でびっくり。一番ベーシックと思われるチェリーブロッサムカレーが1,300円、お店の推しと思われるハーブカレーが1,400円。スペシャルビーフカレー2,600円、ステーキカレー3,600円という値付けに驚きました。それでもやや早い時間にも関わらず先客2組(6人席に、ですよ)ということは、きっといいお店に違いない。ハーブカレーに惹かれるけれど、まずは店名を冠したチェリーブロッサムカレーをいただくことにしましょう。

この規模のカレースタンドだから一瞬で提供されるかと思ったら大間違い、ちゃんと仕上げの調理をされきれいに盛り付けられて提供です。ディープブラウンのソースからは穏やかな香りが立ち上り、ライスの上にちょこんと載ったパセリ(ハーブ?)が唯一の彩り。では一口。欧風カレーにありがちな、余計な甘さやまったりとした重さが皆無で、ソースに旨味が凝縮されています。どうやら脂分や塩分を抑えて、わずかに感じるほろりとした苦さが切れ口の良さを演出しています。辛さは強くないものの、かなりの量のスパイスとハーブを使っているのでしょう、食べ進むうちに身体全体が活性化してくるのが身をもってわかります。これは美味い、この値段でも立ち寄りたくなる気持ちがわかります。「からだにいいものをたっぷり使ってるんだから」と女主人さん。カレーが完成するまで相当手間と時間をかけられていることはよくわかります。

注文をする前から料理を待つ間、そしてお会計を済ませても、女主人さんは自然体でいろいろと話しかけてきます。ドリンクにハーブティー、「これレモングラスですね?」と聞いたら10倍くらいの話が返ってきました。お客さんは常連さんがメインかと思いきや、どうもそれだけではないらしく、それでも会話に巻き込まれていきます。お会計を済ませると「あそこの扉(階段の脇の低く狭い扉)から出るときに願い事をすると叶うからネ」と言われ、遠慮しようとするもせっかくだからどうぞと念を押され(笑)小太りの身体を折り曲げながらなんとか通過(爆)。何をお願いしたかはナイショですが、とりあえず今のところ順調ということを申し添えておきます(笑)。ちなみにお店を教えてくれた若い友人は彼女と一緒に扉を通って、無事婚約を済ませたそうですよ。。。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:欧風カレー | 新百合ケ丘駅百合ケ丘駅



クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック