2017年05月05日

咖喱屋 スパイス・ラボ〔阿佐ヶ谷〕



阿佐ヶ谷駅北口、中杉通りを直進し5分ほど左側「咖喱屋 スパイス・ラボ」チキンカツカレー900円をいただきます。

阿佐ヶ谷駅前に立ち並ぶ商店がからは少し離れた場所にあるこちらのお店、扉の上の独特のフォントによるロゴが目印。店内の壁にはラボをイメージしたと思われる看板キャラクターのメガネ女子(研究主任の久民子さんというそうです)が書かれていたりと、ちょっとカフェや喫茶店を思わせるノリの空気があります。

メニューはカレー650円から。ランチのセットは800円ですが、訪れたのは夜だったので、さてどうしましょう。辛さは甘口・中辛・辛口が選べ、トッピング類も100円〜マッシュトポテト、ゆで卵、チーズなど各種豊富。最後まで素揚げ野菜盛りと悩みつつ、チキンカツカレーをお願いすることにしました。待っている間にハートランドも、、と思いましたがこの日は諸般の事情で自粛。

時間帯によるのかもしれませんが、カツは目の前で揚げ始められました。最後にはらりと振りかけられたのはドライパセリかな?そう待つこともなく、カレーが到着です。早速いただきましょう。

どうやらデフォルトでは具材は入っていない(すべて溶け込んでしまってるのでしょう)ようで、ある意味強い個性はない普通のカレー、小細工なしのストレートなカレーというか。いや、それは正しくないか、美味しく食べられるように、例えばライスは絶妙に固めの炊き加減でカレーにどんぴしゃに仕上がっているし、和洋折衷的カレーだけれど甘辛酸のバランスが程よく、ややサラサラで重さは感じず、きちんとスパイスの風味も楽しめるし、かなり研究されたというか、カレーへの偏愛を感じます。おそらくきっちりと大量の玉ねぎを炒め、トマトを加えてじっくり煮込んだんだろうな。エキセントリックなカレーもいいけれど、こういうオーソドックスに美味しいカレーって、意外とありそうでないんですよね、特に阿佐ヶ谷高円寺周辺には。チキンカツも、ころも薄目でカレーソースとの馴染みがよく、この辺もいろいろ試行錯誤されたんじゃないかしら。

ご主人は、なんとなくですが、友達になったら楽しいだろうなぁ、というおだやかで気さくな雰囲気がある方。しかも、綺麗に整理された店内を眺める限り、かなりアレコレとご趣味(と人脈)をお持ちと拝察しました。あっというまに食べ終わってしまいましたが、やはり次の機会にはハートランドでしばらくゆっくりしながらご主人のお話を少し聞いて、それからカレーを食べてみたい。ごちそうさまでした。



関連ランキング:カレーライス | 阿佐ケ谷駅



クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 05:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 23区西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449601003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック