2017年04月11日

五島手延うどん 藪椿 中目黒



中目黒駅から山手通りを大橋方向へ5分ほど右側「五島手延うどん 藪椿 中目黒」天ぷらうどん950円(+税)をずずずずっっっっ。

日本三大うどん、といったときに、讃岐、稲庭は不動の両巨頭として、3つめにどのうどんを入れるべきかは悩ましいところ。武蔵野、吉田、博多、伊勢、水沢あたりも有力ですが、1,000軒以上のうどんを食べてきた立場としてはその洗練度から五島うどんを入れたいと思っています。武蔵野の地粉の風味や吉田の強烈なコシも好きですが、あれはある意味殿堂入りさせてはいけないような気がしてならないのです。長崎の五島列島の特産品である五島うどんは、そうめん同様いわゆる乾麺系。麺を伸ばす際に五島特産の椿油を使う点がポイントで、釜揚げや釜/鍋から直接すくって食べる「地獄炊き」という食べ方が有名。つけ汁やかけ汁はあご出汁ベース、対馬海流の幸がふんだんに使われています。

さて、こちらのお店は際コーポレーションが運営するうどんダイニング。以前は池尻大橋にあったと記憶してますが、いつの間にか中目黒にお店が移転していました。店名どおり五島うどんをキーワードにし、夜もダイニング中心ですがうどんのみの利用もOKと聞き、立ち寄ってみました。こういうお店の性格上、照明はやや暗め、中目黒・際コーポと来ればカジュアルな雰囲気という予想どおりの雰囲気です。奥には半個室もありそうな。

ドリンクメニューや酒肴メニューには目もくれずうどんメニューを眺めると、地獄炊きに加えて辛味赤地獄炊きなんて何やら物騒なメニューもちゃんと用意されていますが、これらは2人前からとのこと。シンプルなあごかけうどんは小580円から、飲めるお店ですし小というサイズは〆にちょうど良さそうです。今回は天ぷらうどんの温をお願いしました。店員さんに「ドリンクはよろしいですか?」と聞かれますが、いらないですときっぱり答えます。オーダしてから見回すと、カウンターにはお酒が進みそうな大皿料理が、そして餃子類も揃えているあたりが際グループらしい。

しばらくして運ばれてきたのは、かけうどんに別盛りの天ぷら3点、それに薬味、柚子胡椒。天ぷらは白身魚、ちくわ、かき揚げなど。まずはうどんをいただきましょう。太めのそうめんといった麺は、あまりコシは感じませんがつるつると喉を通っていくときに椿油らしい香りがふわりと漂います。あご出汁は甘さを廃していてすっきりと、個人的にはもう少し旨味が膨らんだほうが好みですが、これは飲んだ後に食べることを意識しての調味かしら。天ぷらはやや油を多めに含みややオイリー。ということは、この天ぷらをかけ出汁に浸せば、油のコクがかけ出汁に広がりいい具合になるかな、、とやってみて正解。

柚子胡椒もお使い下さい、と店員さんに出されたのはいいのですが、果たして何に柚子胡椒を使うのかしら?まさかかけ出汁に溶くわけではないでしょうし。。ということで、天ぷらにちょこちょことつけて食べてみました。たしかに油っぽさはやや中和されるけれど、この食べ方は正解ではないような。

それにしても、この1年ほどで中目黒ってうどんタウンになりつつある気がします。もともと創作系のsugita、カフェ系豊前坊は既に十年近く(かな?)営業しているけれど、ここにきて讃岐系のおにやんま中目黒店、博多系の二○加屋長介中目黒店、そしてこちらのお店。系統がかぶってないのがまたおもしろいところ、カジュアルな街中目黒に次々うどん屋さんが出店というのは、東京のうどん文化が成熟しつつあるということなのかもしれません。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 中目黒駅代官山駅池尻大橋駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 23区南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。