2017年04月02日

天神〔小平 ラーメン〕



青梅街道下り方向、新小金井街道の交差点を越して左側「天神」味噌ラーメン600円と半餃子260円をいただきます。

多摩方面には東京亭、南京亭、満北亭といった小規模チェーンのロードサイド中華料理店が点在しています。こちらの場所は以前は満北亭だったお店、ということは生粋の小平っ子だったらご存知のはず。30年くらい前には私も深夜によく出入りしたものです(謎)久しぶりに夕飯を食べ損ねて深夜に運転中、こちらのお店を思い出し立ち寄りました。そういえば店名が変わってからは初めての訪問かも。

広い駐車場に車を停め、ウェイティングリストの用意された入口の右側はテーブル席、左側は厨房に面したカウンター席があり、一人なのでカウンター席へ。目の前で調理する様子が見られるのは、先述の小規模チェーン店共通です。メニューは置いてありますがオーダは決まっていて味噌ラーメン、それに半餃子。そういえば南京亭や満北亭に行ってもほぼおなじオーダだな。。

先にラーメン到着、いただきます。赤味噌系のスープは動物系出汁を中心に鰹などで整えているのでしょうか。最近流行りの旨み全方向全快ではなく、ややすっきりというか以前の味噌ラーメンってこんなかんじだったよな、という味。なので、若い人(←やだなこういう言い方)の口にはあわないかもしれません。もう少しコクとパンチがほしければ生ニンニクを投入すればいいのです(といいつつ、机に常備されてたかな?)。このスープにあうのがぷりっとした太麺。

トッピングされているのは、もやし、挽肉、キャベツ、コーンとこれまたレトロ。でもね、こういう昔ながらの味が安心するのよ、オッサンは。うんうんこれだよね、と思っていると餃子到着。ジャンボ餃子と銘打ってますが驚くほどの大きさではなく、でもそれは関東人だからの感覚かもしれません。味も驚くような美味しさ、ではありませんが適度に肉と野菜の味がして、王将の餃子のようにいくらでも食べられてしいます。満洲や先述のチェーン店の餃子とかなり近い味で、焼け具合もちょうどよく3つならあっというまに平らげてしまいます。

ああ、深夜の背徳の味。東京城南地区にニュータンタンがあるように、埼玉県東部に珍来があるように、多摩には東京亭・南京亭・満北亭があって、一種のローカルスタンダートと言ってもいいかもしれない、というのは言いすぎかな。でも運転をなりわいとする方々や、付近に住んでいる方々にはなかなかありがたいお店には違いありません。我が家だと南京亭がデフォルトになるわけですが、こういうお店は大事です。ごちそうさまでした。



関連ランキング:ラーメン | 小平駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多摩北部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。