2017年02月16日

らーめん 北の大地〔新宿〕



新宿駅東口、広場右前の道を進み、Yモバイルの手前のビル1階「らーめん 北の大地」大地味噌らーめん850
円をずずずずっっっっ。
親宿のこの通りは何度も通っているはずなのに、こちらのお店があるのに全く気づいてませんでした。店頭のサインボードに曰く、昭和45年に銀座で「石狩」として開店、その後移転等を経て2008年に今の場所での営業を始めたらしい。そもそも、最近の気合の入ったお店だと、「北の大地」なんてストレートなネーミングはしないですよね、多分。

店内はやや暗目の暖色系照明、BGMは昭和ポップス。気分的には待っている間にビールの一杯でも飲みたくあんる雰囲気ですが、じっさいちょいとしたおつまみメニューも揃っています。しかもホッカイドーには酒の肴は数数え切れず美味しいものがあるわけですが、こちらのお店にはホタミミヂョなるものが置いてあるようです。どうやらホタテのミミと切り干し大根のキムチらしい。ヤバイ、これは想像しただけでビールが飲めてしまう代物。飲んでいいですか?え?だめ?そうですか(ショボーン)。

気を取り直して、オーダした大地味噌らーめん到着。あまり太くないぷりっとした食感の麺をすすると、白味噌ベースで動物系の出汁を効かせたもの。しかしそれだけではなく、おそらく野菜由来と思われる甘さがしっかり感じられて優しい味わい。むむむ、予想してなかったけれどなかなかいいじゃないですか。バラロール系チャーシューは脂身もありますが、味噌のスープにほろほろと崩れんばかりでこれはこれであり。メンマはややしょぼく見えますがこれはこれで存在感あり。ネギは九条ねぎを使ってるとのことですが、うーん、ここだけは私には理解できなかった、このスープや麺なら別に普通のネギでいいような(北海道とも関係ないし)。

レトロでもなくモダンでもなく、強い個性は無いけれど、なんだかほっとする味噌ラーメンってこういう味かもしれません。場所柄もあるでしょうけれど、お客さんは若い人からご年輩の方まで、また女性の姿も意外と高めでした。ところで、こちらのお店、味噌バタコーンといったド定番の他に、とんかつ味噌ラーメンなんてメニューもあります。誰か実食レポ求む(人任せかっ。。だってこんな高カロリーな料理をオッサンが食べてはいけません。。)。ごちそうさまでした。



関連ランキング:ラーメン | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新宿東口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。