2016年12月23日

大紅ラーメン〔京王堀之内〕




多摩ニュータウン通り、松ヶ谷トンネル西交差点角「大紅らーめん」らーめん定食850円をずずずずっっっ。



週末の昼少し遅めの時間にお邪魔しました。店内はコの字型カウンター席とテーブル数卓、場所柄・時間柄小さなお子さん連れのファミリー客がいらっしゃってました。入口脇の券売機を見ると、最上段にらーめん定食・餃子定食・チャーハン定食と揃い踏み、次の段はしょうゆ・しお・みそ、さらに背脂醤油・辛味噌まで揃い踏み。最近多いいわゆるこだわり系のラーメン店というよりは、近所にあったら何かと重宝しそうなラーメン屋さんという雰囲気です。そう思ったらラーメンだけでなく餃子も食べたくなり、らーめん定食をポチッと。

カウンター席で待ちますが、厨房からの店員さんの動線とお客さんがトイレに行く動線がクロスしていてややドタバタしてました。まあこれは構造上の問題なので仕方がないところ。客席奥の本棚には漫画単行本や雑誌がたくさんおいてあり、平日だとまた客層も違うのかもしれません。接客の奥様でしょうか、サバサバと手際のよい対応を眺めているとそう待たずに丼が運ばれてきました。ではいただきましょう。

チャーシューにメンマ、なると、海苔、それにネギが浮かぶスープの表面はラードで覆われ、熱を閉じ込めています。麺は中細のややちぢれのあるもの、茹で加減が柔らかめなのは先ほどのファミリー層のような客を想定してのことでしょうか。やや濁りのあるスープはしっかりと力強く甘さをていねいに出したもの。しかし何かが強く主張してくるわけではないので、おそらくしおやみそも同じスープを使っているのでしょう、ある意味万能な味です。大判のチャーシューは肉の味が楽しめるタイプで美味しいのですが、スープとの一体感はもう少しあるといいなとも思いました。。

餃子はやや小ぶりながらパリッと焼き上げられていて、あんがギュッとつまっていて、これはビールよりもライスと合わせて楽しめるタイプ。

いわゆる新進気鋭のラーメン店というよりは、もっと肩の力を抜いたタイプ、わざわざ遠くから通うお店じゃないけれど、近くでお腹が空いたら思い出して寄ってみようかな、というお店でしょう。多摩センター通りを横断する必要があるけれど駐車場も確保されてますし、覚えておくとなにかと便利かも。ごちそうさまでした。



関連ランキング:ラーメン | 京王堀之内駅






クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多摩南部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。