2017年02月24日

海鮮酒場 らうす港〔中野坂上〕



中野坂上駅から青梅街道を荻窪方向へ、レオパレスの先を左に入る「海鮮酒場 らうす港」暖簾をくぐって一杯。

青梅街道から路地を少し入った住宅街にある居酒屋のサイン。らうす/羅臼港、ということは北海道の幸をメインにした居酒屋でしょうか。ちょうど先客ががらりと扉を開けて入っていくところを目撃、手前がカウンターで奥に小上がりがちらりと見えます。ほう、と立ち止まるとちょうどご主人と視線があい、思わず私もつられて入ることに。

先客2組はご近所さんやご夫婦など常連さんのようです。カウンターの中にはご年輩のご主人がお一人、店内をすべてお一人で仕切られてるよう。飲み物メニューが見当たりませんが、とりあえず瓶ビールをお願いするとサッポロ黒がドンと登場するあたりがホッカイドー的でちょっとうれしくなります。貼られているメニューを眺めると、刺身類やしめ鯖といった定番メニューの他、ししゃもに氷下魚、鮭ハラス、オニオンリング揚げに新玉ねぎスライスなど、それとなく北海道を感じさせるものもちょこちょこと。

トクトクとビールを注いでいると、お通しに黒はんぺん。ちゃんと都度炙られて、おろし生姜が添えられています。これをかじりながら様子を伺っていると、奥の小上がりからいろいろと注文が入ります。これをご主人一人でこなすと結構掛かりそうだな、、、ということで、かんたんにできそうな氷下魚を焼いてもらいつつ、小上がりのお客さんがオーダされていた肉じゃがを便乗注文することに。

結果、かなり早く料理が並びました。肉じゃが、結構量があり、きちんと面取りされた大きなメイクイーンが2つ、どーんと入っています。しかもこれ、きちんと中まで煮汁がしみてます。これに牛肉、人参、白滝、玉ねぎ。玉ねぎも小さいのがまるごと、これもいい味。煮汁は出汁がきいていてほの甘く、家庭料理的ではあるけれど、プロの仕事ですねー。一方、氷下魚は炙るだけ、ですが「マヨネーズが美味しいよね」とわざわざ別皿で出してくれるあたりはむしろお気軽居酒屋。いいなあこの崩れすぎない穏やかな空気(遅い時間になったらグダグダになりそうな気がしないでもないけれど)。

ちょっとだけご主人のお話をうかがいましたが、やはり知床のご出身とのこと。時折常連さんと話をしながら、程よい距離感なのがまた心地よい。料理の手はずからすると、刺身類も試してみたくなります。路地を入ったわかりづらい場所ですが、また機会があったらお邪魔しましょう。ごちそうさまでした。



関連ランキング:居酒屋 | 中野坂上駅中野新橋駅新中野駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中野坂上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。