2017年01月23日

焼きあご塩らー麺 たかはし 本店〔新宿〕



西武新宿駅の脇「焼きあご塩らー麺 たかはし 本店」焼きあご塩らー麺800円をずずずっっっ。

最近、都内でもあご出汁をウリにしたお店を見かけるようになりました。あご=トビウオというと、もともと九州を中心に西日本方面で出汁に使っていたもので、私もうどんやおでんなどでわりと親しんでいましたが、急にこんなに多用されるようになると供給がおいつくの?なんてちょっと気になってしまいます。それはともかく、新宿駅にほど近い場所にあご出汁のラーメンのお店がオープンときいて、お邪魔してみました。

メインストリートからやや入ったところにお店がありますが、表からでも十分視認性があります。メニューは焼きあご塩らー麺、背脂醤油らー麺、塩つけ麺がベースで、これにトッピングや量のバリエーションが加わるほか、ミニ丼やご飯があります。まずは店名になっている焼きあご塩らー麺をポチッと。お店としては麺を食べ終わったあとにご飯を投入する食べ方を推奨してますが、ここは大人の事情にて自粛。

店内は厨房を囲むL字型のカウンター席のみ。ピークタイムを外していましたが8割ほど席が埋まっている状態です。お客さんがほぼ男性客、それも若い人が多めなのは場所柄かしら。荷物籠やハンガー等の用意があるのは最近のお店らしい。厨房には若い店員さんが4人、規模に比べて人数が多い気もしますが、このあたりは長時間営業(早朝まで!)ゆえに余裕を持たせているのか、それともさら支店を出す計画でもあるのかしら(すでに上野店を出店されてます)。冷水機からはセルフで水を汲むシステムですが、店員さんに余裕があるからから持ってきてくれました。

そう待つことなく「熱いので気をつけてください」と丼が渡されます。あご出汁の塩、といういうことから勝手にきれいに澄んだスープを予想していましたが、けっこうにごりがありますね。チャーシュー・メンマに加えてごま油で和えた白髪ネギと水菜がトッピングされています。では早速スープを一口。。あご出汁ではなく「焼き」あご出汁、ということでかなり強めに香ばしさを感じます。もともとトビウオは脂肪分が少なく、出汁にするとクセの強くない品のある味わいという印象がありますが、この焼きアゴ出汁は焼く(炙る?)ことでかなり独特の味わいになっています。個人的にはこれは「焼きあご出汁」であって「あご出汁」ではないという気もするのですが、結果としてスープをかなり個性的な仕上がりにしています。これにおそらく豚ベースのやや濁りのあるスープと合わせることで、旨味のバランスを取っています。

麺はやや加水率高めの少し平打のちぢれ麺、ぷりっとした食感は個人的には好み。焼あごの香ばしさをしっかり受け止める力強さがあります。具材の中ではほろほろと崩れるチャーシューが好みでした。

あっさりかと思ったら意外とパンチのある一杯でしたが、それでも脂分や塩分はあまり強く感じず、これはこれでありかな、という印象でした。ただ、もっと優しいあご出汁を楽しみたくなったのもまた事実。。どこかにそういうスープを楽しめるお店はないかしら。。ごちそうさまでした。



関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅新宿駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新宿東口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。