2016年12月23日

手打ちうどん山田屋〔箱根ヶ崎〕



八高線箱根ヶ崎駅東口、広場前方を斜め左に入る小路に入ってすぐ右側「手打ちうどん山田屋」肉うどん600円をずずずずっっっっ。

かつて瑞穂バイパスが完成していなかった頃、片側一車線の箱根ヶ崎駅前の国道16号旧道は慢性的な渋滞で、その渋滞をゆっくり通過しながらこちらのお店の幟があったのを今でもよく覚えています。ただどちらかというと玉売りのお店という認識で、店内でうどんをいただいたことがなかったのを思い出し、久しぶりで夕方に界隈に立ち寄った際にちょっと寄り道。民家を少し改造したような素朴なお店は、手前側の入口は玉売り(持ち帰りのゆでうどん)とゆでまんじゅうの窓口で、こちらでいただくには奥側の入口から店内に入ります。

テーブル3卓と小上がり1つの小さな店内は、照明はやや暗め。壁やテーブルに貼られているメニューを眺めると、たぬき・きつねが400円〜、ざる500円〜とリーズナブルじゃないですか。薄い手書きで「そば」と書かれているメニューもあります。人気のメニューは野菜きのこ汁うどんにご飯や漬物、小鉢のついた田舎セットですが、武蔵野うどんのお店ということで狙っていたのは肉うどん600円。肉汁つけめん600円もありますが、この日は寒かったので温かいうどんで。

しばらくして運ばれてきたのは、煮込まれた豚肉と玉ねぎがのったいかにも温まりそうな一杯。柚子片が散らされています。早速うどんを引きずり出していただいてみれば、やや扁平な麺は無骨さを残しながらも中までしっかり火がとおってゴツゴツした食感はなく、噛みしめると地粉の風味がしっかり楽しめるもの。ただし太さに少々ムラがあるので、食感はなかなか楽しい。ああ、これはほっとする美味しさ。武蔵野うどんというとゴツゴツした固いものという印象をお持ちの方も多いと思いますが、そういう商業化されたものとは指向が違うもっとザラリとした原点的な麺です。玉売りをされていることも関係あるのかもしれません。汁には豚肉と玉ねぎの甘さがしっかり出ていつつしつこさはなく、素朴で有無を言わせないような懐かしさと安心感が、舌先から頭の中に直接伝わってきます。そしてこの汁の甘さが麺の小麦の風味を絶妙に合うんだな。

トイレをお借りしましたが、併設の住居側に入り込むことになります。店内に飾られているのはお孫さんの写真でしょうか。テレビの上には大黒様や達磨様。駅至近という立地ながら、武蔵野うどんの原点を経験できる稀有なお店といっていいかと思います。お店のおばちゃん(親しみを込めてそう呼びたい)がお茶を淹れにきてはひとこと交わしていったり。もっとゆっくりして行きたかったんだけれど、八高線の電車の時間が近づいてきたので後ろ髪をひかれながら失礼しました。ごちそうさまでした。



関連ランキング:うどん | 箱根ケ崎駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多摩北部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。