2016年11月17日

めんくい〔光が丘〕



光が丘駅の西、光が丘一中と笹目通りの間「めんくい」とんこつ(ラーメン)600円に味玉100円をずずずずっっっっ。

光が丘といっても団地が並ぶ再開発されたエリアではなく、昔ながらの住宅地にひっそりと暖簾が出ています。お店の外装内装とも街中の中華屋さんおいう雰囲気で、正直オーラは全くありません。しかし、平日の18時過ぎ、もうひと仕事の前に立ち寄ってみれば、L字型のカウンター席はこんな時間にもかかわらずほぼ満員。しかも女性客や子連れの方もいて、ほとんどが近所の方のようです。

メニューは、とんこつ、からとん(辛いとんこつ)とトッピングのバリエーションのみ。カウンター内の寸胴3つを操るのはご主人お一人です。ベーシックなラーメンに味玉を入れてもらうことにしました。

6、7分で提供された丼は、昔ながらの東京風とんこつの系譜には入りますが、その手の代表的有名店のホープ軒のそれとはかなり違います。味が全方位にしっかり出ていて、ストレートに言えば雑味もかなり出ていますが、尖っておらず丸く収まっています。背脂などもしっかり出ていますが、それ以外の香味野菜類からと思われる出汁もしっかり出ていてバランスがよい。それゆえか脂ギトギトとは感じず濃厚なのに重さを感じません。おそらく下処理をきっちちされているのでしょう。

こういうスープに合わせるのは細麺ではダメだし、硬めのコシのある麺でも相性が良くなく、やや柔らかい麺がちょうどいい。そのあたりのバランスもよくとられています。なるほど、この味だからこそ近所の人が足を運ぶわけですね。

とんこつには半分にカットされた味玉がデフォルトで入っていたので、味玉追加は余計だったかも。回りのお客さんはトッピングにネギをオーダされている方が多かったので、今度はそれを真似してみようかな。ごちそうさまでした。



関連ランキング:ラーメン | 光が丘駅



クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 23区北部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック