2016年11月14日

紅樽坊酒場〔中野坂上 中華〕

中野坂上から青梅街道を新宿方向へ、左側のスーパーライフの先地下一階「中華料理 紅樽坊酒場」ランチの自家製担々麺800円をいただきます。
ここ数年でこの場所は(すでに店名を忘れた)→香把拉→桂林酒苑 中野坂上店 と店名が変わり、気がついたらさらに紅樽坊酒場という店名になっていました(電話番号は変わってないらしいw)。まあどうせ居抜きで雰囲気も同じだろうなぁ、と思いながら入ってみれば、寸分と予想違わず。やや照明抑えめ、奥には個室もありリーズナブルな宴会も可能なお店は、ランチタイムも喫煙可とあって、愛煙家たちのたまり場になっていてなかなかの混雑ぶり。

ランチは、若鶏のから揚げや酢豚、エビチリなど一品料理系が30種類、麺類とご飯のセットが14種類、さらに日替わりが4種類と、ほぼほとんどの人のニーズに応えられるんじゃないでしょうか。一品系ランチはセルフサービスのコーヒー無料・ライスのお替わり無料と書いてあるのに対して、麺飯セットは半チャーハンor半ライスor麺大盛無料と書かれているものの、コーヒーについては言及がありません。上海系とか四川系とか特にこだわらず、なんでもアリなメニュー構成です。五目湯麺も気になりましたが、わざわざ自家製と書かれ辛さの調節も可という自家製担々麺を選んだのは、久しぶりに「坦」ではなく「担」の字を見たからかもしれません。

そう待つことなく料理が運ばれてきました。が、テーブルが真ん中だからか、なぜか箸立てが置いてなくて、とありのテーブルから失敬。早速担々麺をいただきますが、、、うーんほとんどコクを感じません。細めのぢじれ麺の茹で具合は悪くないのですが、絡むスープがこれだとなぁ。具材もやや味濃いめのひき肉があるくらいで、これが五目湯麺より50円高いというのはちょっと解せません。

チャーハンはおそらく炊飯器保温系、スピード提供が至上命題のランチタイムのチャーハンはこんなものでしょう。むしろ安価な街中中華ならきちんと炒められていたらそれを褒めるべきかと思います。杏仁豆腐は限りなく寒天のようですし(まあ寒天だという話もありますが)、、うーんメニューの選択ミスだったかな。こちらのお店はおそらく麺類よりも一品料理、夜のワンコインセット(ドリンク+1品)や680円/880円のお疲れ様セット(ドリンク+1品)、さらには飲み放題付き3000円を切る宴会あたりが狙い目なのでしょう。要リベンジです。神楽坂に同名の中華料理店があるようなのですが、関連があるのかしら。。ごちそうさまでした。

 PS もらったショップカード、お店の地図が明らかに間違ってるんですが。ビルの名前が「レッチフィーイ」ってのもおかしいですよね。。



関連ランキング:中華料理 | 中野坂上駅西新宿五丁目駅西新宿駅






クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中野坂上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。