2016年11月09日

らーめん れんげ〔八王子〕



八王子駅南口、正面の道を進んで次の信号の角「らーめん れんげ」鶏白湯らーめん680円をずずずずっっっっ。


勝手な思い込みですが「れんげ」という店名から、きれいな昔懐かし系八王子ラーメンor中華そばのお店かと想像してました。2014年の開店ですが、店内の雰囲気からするとそれ以前のお店に居抜きで入られたのでしょうか。カウンター5席ほど、テーブル2卓とコンパクトサイズです。

入口脇に券売機があります。鶏白湯らーめん、醤油らーめん、鶏白湯つけめんにトッピング類などが並んでいて、ランチタイムはカレー丼などが100円というサービスもあるようです。白湯か醤油が少し迷いましたが、鶏白湯をチョイス。カウンター席について食券を出すと、さっとお水と荷物籠を持ってきてくれました。

厨房はあまり広くなく、カウンター席からは丸見え。茹でながら丼を温めるなどスムーズに準備されています。そう待たずに丼完成。「熱いのでお気をつけくださいね」と言葉がかけられます。

予想を遥かに上回る白濁とろり加減に、正直若干引き気味です。まずスープを一口、表面の油を除けば意外としつこさはなく、とろりとしつつストレートな鶏の旨味が引き出されていて、これを若干の塩気とのバランスで食べさせる一杯のようです。天下一品のあのスープをもっと鶏メインにして直球ストレートにしたような味です。具材は葱、メンマ、チャーシュー2枚。チャーシューは鶏胸肉ということもあり、あくまで主役はスープであるという印象。中太の若干ウェーブのかかった麺との相性もよく、スープとよく絡みます。

邪道かもしれませんが途中で赤味噌系の醤を少量追加して味を引き締め、完食。隣のおにいさんは替え玉を注文されてましたが、替え玉は専用極細麺とのこと、味付けが塩と醤油から選べるようで、油そば状態でそのまま食べるも良し、もちろんスープに投入するも良し。お腹に余裕があればなかなか楽しそう。このあたりのシステムの説明もとてもていねいで好感を持ちました。

ご主人と思われる調理の男性の気さくで飄々とした雰囲気、どこかでお見かけしたことがあるなと思ったら、小宮の樽座にいらっしゃったそう。なるほど、それならば何度かお見かけしてるはずだ。。期間限定のメニューなども出されているようですし、今度は醤油のラーメンを食べてみたいかも。ごちそうさまでした。



関連ランキング:ラーメン | 八王子駅京王八王子駅京王片倉駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多摩西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。