2016年05月02日

ミールス〔西新宿〕



西新宿の成子坂下交差点から西参道通りを南へ、右側の2本目の路地を入る「ミールス」ランチのBセット980円をいただきます。
西参道通りは時々通りかかってたけれど、ちょっと入った場所とあってこちらのお店の開店には全然気づいてませんでした。通り沿いにランチメニューのサインボードが出ているのが目印。一軒家をリニューアルしたのか、店内はインド系のお店にしてはウッディでこざっぱりしていて、おそらくアジア系のリゾートをイメージしているんじゃないでしょうか。外観もちょっと斬新(見てのお楽しみ)。お昼時、テーブル数卓のあまり広くない店内はほぼ満席と盛況ですが、どうやら2階にも席があるようです。

ランチは980円のA/B/Cのセットのみ。いずれも選択できるカレー2種類、スープ、サラダ、デザートのヨーグルトは共通で、Aはナンと白米のごくオーソドックスなもの、Bはナンとビリヤニライス、Cは白米とバトゥラ(インド風揚げパン)がそれぞれつきます。メニューにも明記してありますが、白米のみ大盛り無料とのことで、一般的にインド料理店でよくあるナンのおかわり無料は実施してません。(ミニナンの追加+150円、レギュラーサイズのナンは+300円)。ビリヤニ好きとしては、ここは迷わずBで、カレーはマトン、シェフスペシャル(ジャガイモ、カリフラワー)を選択、前者は辛さが選べるので中辛指定でお願いしました。

そう待つことなくプレート到着。サラダは別盛ではなく、ナンの下に(ビリヤニにもドレッシングが^^;)。ナンは一般的なお店の2/3くらいのサイズでしょうか。個人的にはこれくらのボリュームでちょうどいいと思うんだけれど、食べ盛り男子には物足りないかも。まずはマトンのカレーから。ベースになってるのはスパイス抑えめでマイルドなカレーのようですが、これはある意味本来のネパール系のカレーの特徴じゃないでしょうか。中辛指定ということで辛さが足されていますが、ややバランス的に悪いというかやや辛さが浮いている感じ。マトンはやや固めで若干クセを感じるけれど、これは許容範囲の内容。一方シェフスペシャル、これはジャガイモがほっこりとしていてかなり好み。これはデフォルトで中辛と書かれていたけれど、辛さ的にはそこまで感じず、野菜の優しい味わいが楽しめました。辛いものを期待するとちょっとアテが外れるかと思います。

ビリヤニ、スパイスがホールごと入っていたりするけれど、風味はそんなに強烈ではなく(もちろんスパイスをそのまま口にしたら別の話ですが)これも穏やかな味わい。サラダのドレッシングでライスが少し浸されてしまってたけれど、ドレッシングがライタのような役割になってこれはこれでよかったかも。まあでももう少しスパイシーなものを期待してしまうのはしかたがないところかなぁ。

お店の雰囲気といい、料理のボリュームといい味付けといい、どちらかと言うとカレーマニア向けというよりはちょっとおしゃれにカレーを食べたい若い女性向きかもしれません。もちろん強烈にスパイスの効いたカレーが好きな女性も少なくないとは思うけれど、仕事の合間に食べて汗をどっとかくようなスパイシーなカレーはダメという人も多いでしょうし。実際、そんな感じの女性客もちらほらいたりしましたし。お店のURLを見ると、東京近辺に数店展開しているヒマラヤ系のお店ということで、そういえばヒマラヤのカレーも結構甘めだったっけ、と思い出しました。店名が「ミールス」となっていてただのカレー屋じゃないんだよオーラも感じますし、他のメニューも含め定期的にチェックしたほうが良さそうです。ごちそうさまでした。

ミールス

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:ネパール料理 | 西新宿駅中野坂上駅西新宿五丁目駅



クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック