2016年02月08日

メルシー〔早稲田 軽食〕



地下鉄東西線早稲田駅の高田馬場側出口から、早稲田高校に沿って新目白通りに向かって右側「メルシー」野菜ラーメン500円をいただきます。
私は都の東北な大学生ではなかったんですが、同期にこの界隈在住の友人がいたり、この大学に進学した友人が多かったりして、学生時代馬場ワセダ界隈で飲み食いすることは意外と多かったんです。もちろんこちらのお店も何度か来ましたが、そういえばもう二十年以上お邪魔してませんでした。別のお店に行く予定だったのがフラれて、じゃあ久しぶりに、と流れてきました。当時から「吉永小百合が通ったお店」として有名でした。

4人卓が7、8並んでいるだけの店内は、30年くらい時間が止まったような、私の記憶ともほとんど変わっていません。おそらく意図的にそういう雰囲気のお店にしているのでしょう。あいにく満席(というかどの卓にもお客さんがいる)で、学生さんと思われる男性一人客のテーブルに相席の指示。オーダーするのはやっぱりラーメン、と思ったけれど、お値段は400円、これももう何年変わってないんでしょうか。お店を応援するつもり、と、少しでも野菜を食べて若干の罪滅ぼしということで、やさいラーメン500円をお願いしました。

7,8分待ったでしょうか、やさいラーメン到着。もやしたっぷり、ニンジンとキャベツ、それにメンマ。ではではいただきます。その野菜たちの下から麺を引きずり出してすすれば、やや柔らかめながらストレートな麺はオールドファッションドな醤油のスープを適度に口に運びます。やや脂っぽさを感じたのは、私が歳をとったからかしら。野菜、キャベツやニンジンはやや固めで柔らかな麺との食感のコントラストがちょうどいい。単なる昔ながらのラーメン、というよりはコクを脂で演出した学生(と昔学生だった人)向けの味といえばいいでしょうか。全体にどうってことない味なんだけれど、何か麻薬的な不思議な要素が含まれています。それはもしかしたら、味以外の何かかもしれません。

ちなみに、こちらのお店、確かにラーメンを食べているお客さんが多いけれど、正しくは「軽食とラーメン」屋さん。なのでつまらないこだわりですが個人的にはラーメン屋とくくられてしまうとちょっと違和感があったりします。界隈の名物店も少しづつ姿を消していっているこの頃、まだまだこちらのお店には頑張ってほしいなぁ。時間を超えて、いつも安く美味しい軽食を「merci/ありがとう!」、ごちそうさまでした。



関連ランキング:ラーメン | 早稲田駅(メトロ)早稲田駅(都電)若松河田駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 23区西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。