2016年01月06日

カヤシマ〔吉祥寺〕



吉祥寺通り沿い、吉祥寺第一ホテルの向かい「お酒と食事の店 カヤシマ」ナポリタンのセット950円をいただきます。

吉祥寺のカヤシマといえば、すっかりゴローさん効果で有名になりましたが、昼夜気軽に使えるお店ということに加えてマスターが商店会の重鎮だったり、音楽祭の実行委員だったりと、新顔の多い吉祥寺でも以前から存在感を示すお店であることはちょっと地元に詳しい方ならご存知でしょう。最近の若い人だらけ&カネのニオイだらけの吉祥寺に気後れがしてあまり足を向けてなかった界隈ですが、野暮用ついでにかなり久しぶりにおじゃましてみました。店頭のラッパのマークの入ったサインが目印です。

中途半端な時間に扉を開けると、手前のテーブルは人生の先輩方がすでにプチ宴会モード。おじゃまをせぬよう奥の方へ、でも奥は喫煙席なのでお店の真ん中あたりに陣取ると、すぐにエプロン姿のセーネンが注文を取りに来てくれます。一応サラリーマン的な格好をしていた私の姿で判断したのか「お食事でよろしいですか」とランチメニューを手渡してくれたのはさすが。そーなんです、こちらのお店は18時までランチメニューOKなのです。カレーやオムライス、ピラフなどもありますが、個人的にはここはナポリタン一択。しかも、+100円のセットは、ハンバーグ/豚肉の生姜焼き/荒びきソーセージ/シューマイ3個から1品選べ、さらに味噌汁までつくというお得なもの。こちらは生姜焼き一択です。ちなみに大盛りも無料です。

ということで、少々まってナポリタン(セット)到着。先に2切の生姜焼きをいただけば、しっかり味の染みた喫茶店系の味付けで、これは白いご飯がほしくなるよー。が、ソコを我慢してキャベツと少量のマヨに合わせます。ナポリタンは大盛りコールをしなくても結構なボリューム。中太麺はぐにゅにゅとした食感、しっかり炒められているものの、ケチャップ由来の甘酸っぱさはかなり強め。いわゆる昭和のナポリタン的なマーガリンやラードの甘さはほとんど感じません。具材はベーコン、玉ねぎ、ピーマンの王道3兄弟。ちなみに粉チーズはクラフト社製ではなくグローバルチーズブランドの赤い容器のやつ。甘酸っぱさが強いので、早々に粉チーズで味調整、これがなかなかいい具合。さらにタバスコを加えても元がしっかりしているので味は崩れず、(個人の好みという部分も踏まえて)ここまで加えて完成形の味。

時折すするお味噌汁が、ランチの終わりに近かった時間だからか若干煮詰まってしまってて残念でしたが、おそらく煮干しベースだと思うのですがほっとする味。そして食べ終わるタイミングを見計らってセーネンがドリンクの確認に訪れ、食後のコーヒーをゆっくり。

店内には提供しているお酒が短冊ならぬ長方形の紙でばしばし貼られています。別のスペースには歌手のポスター、また別のスペースにはイベントのポスターも。昭和的カオスということもできますが、喫茶店的というよりはむしろ酒場的。実際、夜は酒場として機能するわけですし、そしてその酒肴類も前世紀パブ的ではあるけれどなかなかに魅力的なものばかり、、そうだ、この雰囲気は新宿のベルグにも通じますね。ちなみに夜でもカレーやオムライス、ナポリタンのオーダーは可能です。今度は夜の部におじゃましてしっかり飲もうかな。ごちそうさまでした。

余談ですが、ゴローさん効果に思うこと。聖地巡礼もいいですけれど、ゴローさんの本質はネットやメディアなどに頼らず自分の足で良店を見つけて自分の舌で楽しむこと。なので、真似して訪れるだけじゃなくて自分でお店を発掘して楽しむホントの「ゴローさんごっこ」をもっともっとやりましょうよ。(真似して訪れて、迷惑のかかってるお店もあると聞いてますし。。)

カヤシマ

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:喫茶店 | 吉祥寺駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多摩東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。