2014年09月30日

讃岐手打ちうどん 母屋〔新宿〕



靖国通り、新宿2丁目北交差点から北の小路へ、突き当り右すぐ「手打ち讃岐うどん 母屋」きざみうどん 780円をずずずずっっっっ。

新宿も歌舞伎町を過ぎてこのあたりまで来ると、猥雑な雰囲気も消え下町特有の庶民的な雰囲気が感じられます。その一角にあるビルの1階に収まったこちらのお店、夜はうどんに加えて酒肴も用意されているようです。雰囲気もシンプルかつモダンにまとまっていて、なんでも第2土曜日の夜は音楽バー営業するのだとか。。 流れているBGMは音量控えめながら、ワールド系だったりややコンテポラリーなものだったり、さりげないこだわりがあるようです。

平日夜訪問、先客1組。テーブル席に案内され、メニューを眺めると、うどんは温冷30種類ほど。かけうどん/もりうどんが600円から、オーソドックスなものもりますが、カレーうどんが鶏と牛が選べたり、はまぐり入りのハマちゃんうどん、あんかけ三姉妹(道代うどん、マサ子うどん、あきこうどん)という謎のシリーズがあったり。丼にきつね丼や他人丼があるのがなかなかめずらしい。讃岐と書かれれいるけれど、メニュー構成は関西っぽいような気がします。少々迷いましたが、きつねうどんときざみうどんの両方がメニューに準備されてるあたりにこだわりを感じたので、きざみうどん780円をいただくことに。

十分以上待ったので、おそらく麺を都度茹でているようです。丼にはきざみ(油揚げ)、九条ねぎがたっぷり。かけ出汁はやや濁っていますが、これはきざみ故でしょう。まずは麺を引きずり出していただけば、一部麺の肌が荒れてるところもありますが、やや細めの正方形でエッジが立っていて、くっと伸びるコシが心地よい。固さはなく、いわゆる飲み込める系の麺。かけ出汁はカツオ中心で、昆布でやや整えられているのでしょうか、程よい旨味とあっさり感が細めの麺といいバランスです。これはやはり讃岐系ではなく関西系のような気もしますが、まあ美味しければあまり気になりません。

きざみ、これいい油揚げを使ってますね。お蕎麦屋さんやうどんやさんで、油揚げが安物を使っていると結構がっくりくるのですが、表面がやや濃い目のキツネ色のこの油揚げ、そのままで十分美味しいのにこれが九条ねぎとあわさるとまた楽しい。

最近流行りのチェーンの安いうどん屋さんと比べるとお値段は高いですが、質も比べ物にならないほど違います。これが適正な価格というべきでしょう。厨房のご主人はちらりと見えただけですがまだ若そう。壁に「うどん母屋ダンス で検索してみてください」と書かれていたので、ちょっとぐぐってみたら。。。。なるほど、このご主人のセンスだからこそこのお店の雰囲気なのですね。なるほど。お店には音響設備なども整っているとのこと、貸切やイベントにも対応しているそうです。ちょっとおもしろそう。。ごちそうさまでした。

母屋うどん / 新宿三丁目駅東新宿駅新宿御苑前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


タグ:新宿 うどん

クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新宿南口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。