2013年09月30日

万葉そば エミオ保谷店

保谷駅南口ロータリーに面した「万葉そば エミオ保谷店」かき揚げそば440円をずずずずっっっっ。
先に断っておきますが、あまりネガティヴなことを書くのはあまり気が進みません。特に1回訪問しただけで決めつけるのはとてもリスキーだと思っています。しかし、たまたまのことではないようですので、あえて。

某日20時頃、バス待ちの時間が少々あったので立ち寄りました。南口の整備に合わせてできたビル内の店舗ということで、明るく清潔、女性客もいらっしゃいます。路麺店といっていいかと思いますが、ちゃんと椅子に座っていただくタイプ。入口脇の券売機で食券を購入(パスモ可)、冷たいおそばの写真もなかなか美味しそうですが、まずは温かいかき揚げ蕎麦をいただくことに。アルバイトと思われる女の子に食券を渡すと、整理券(というかチケットみたいな札)を渡されます。オーダごとにお蕎麦を茹で、天ぷらを揚げるようです。ほう、それは期待しちゃいますね。

奥で天ぷらを上げるパリパリという音をきいているうち、5分ほどで呼ばれました。ではいただきます。まずは箸で蕎麦を手繰って、、、えっ、蕎麦が短い!? やや扁平の蕎麦はそれはそれで美味しそうなのですが、いかんせん箸で持ち上げると10cmほどしか長さがない蕎麦、、これはアカン、ずずずずっっっっと啜れん。たまたま箸がかかった部分だけかと思いたかったのですが、そうでもないようで。その結果手繰っても手繰っても蕎麦が箸に少ししかひっかからず食事が進まない。うーん、これは食べているうちにストレスが溜まってきます。。ごめんなさい、気力が萎えて少し残しました。

かき揚げは揚げたてだてあってダレておらず、油自体の鮮度はいいようで重さは感じません。ただ、油の温度がやや低いのか油切りが悪いのか、ややオイリー、このあたりは調理人が時間帯で変わるこの手のお店の限界かなぁ。かけ出汁はやや不自然な甘さが目立つものの、濃すぎずまずまず。

お盆の上で丼が滑らないように工夫がされていたり、といった細かい箇所は評価できるのですが、いかんせんもり系はともかくかけ系は厳しすぎます。茹でたて揚げたてだからといって、美味しいというわけではないと久しぶりに痛感しました。路麺系は都内で少なくとも100軒以上は食べていますし、正直美味しさはあまり求めませんが、それにしても食べにくさという点では記憶にある限りワーストクラスと言わざるを得ません。願わくば、お店の方がこのレビューを見て麺の改善をしてくれたらと思う次第。ごちそうさまでした。

万葉そば エミオ保谷店

夜総合点☆☆☆☆ 1.9



関連ランキング:そば(蕎麦) | 保谷駅







クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多摩北部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。