2013年09月28日

ちとせ〔八王子 ラーメン〕

 
八王子駅北口左手の放射道路脇の道を直進、国道16号の寺町交差点を渡り、八王子幼稚園の先を右折して3つ目の角「ちとせ」ラーメン430円と手作りギョウザ350円をいただきます。

八王子の古い住宅街にそっと暖簾を出すこちらは、カウンター9席のみの小さなお店。お店を仕切っているのはご夫婦でしょうか、ちょうどご主人は出前に出てるらしく不在。店内からカレーのにおいが、と思ったら、先客がカレーラーメンを召し上がってました。

なんといっても、ラーメン430円と激安。それでも小心者の私は、それだけでは申し訳ないような気がして、350円のギョウザも頼んでしまうのです。手作り、なんて書いてあるしね。小チャーハンや小カレーなんてのもあるので、そういう組み合わせもありかもしれません。メニューはいろいろ、先客のカレーラーメンをはじめ、チゲラーメンとかもあるし、季節ものの冷やし中華は600円、ソース焼きそばは550円という安さ。とんかつ定食や生姜焼き定食なんてのもあります。水は備長炭トルマリン入り、と買いてありますが、トルマリンってなんでしょう??

席の後ろには漫画の単行本の棚があり、漫画ナニワ金融道がずらりと揃ってますね。空調は扇風機のみらしい、年季の入った小さなテレビは明らかにアナログ放送向け(あとでちら見したらデジアナ変換)。なんだか昭和40年台からこの雰囲気は変わってないんじゃないかな。なんて思っていると、ラーメン到着。そうなんです、ここのラーメンは真っ黒、富山ブラック並の不透明度。八王子ラーメンのお約束、刻みタマネギが入っているほか、このお値段でウズラ玉子にインゲンも添えられてます。細めの縮れ麺は、当然のようにスープの色に染まっています。塩分控えめが好きな身としては一瞬たじろぐ色ですが、いざすすってみると塩辛さは感じず、豚骨出汁の味でしょうか、ただしあまり強く出てはおらずじつに素朴。わずかに苦味のような香ばしさを感じるのは節系由来かしら。何の味かといわれれば醤油の味なんですけど、尖ってはいないので塩辛く感じないのでしょう。ラードもたっぷりですが、あまり脂っこくは感じません。チャーシュも小ぶりだけどパサツキもなくいいかんじ。

餃子も到着。もっちりした部分とかりっとした部分があって、なかなかいい焼き加減。ニンニクがピリリときいてて、餃子食ったゼ、という満足感が得られます。これも工夫の勝利。

古いお店だけど、きちんと手入れがされているからかべとつきもありません。それにしてもこの安さ、よほどのこだわりが無い限り続けられないんじゃ、と思ってしまいます。ぜひまだまだ営業を続けてほしいものです。ごちそうさまでした。

ちとせ

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:ラーメン | 八王子駅



クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 多摩西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。