2013年09月30日

イスカンダル〔磯子 インドネシア料理〕


磯子駅西口、バスターミナル左手から産業道路を渡ってビルの2階右手「イスカンダル」インドネシア料理をいただきました。
平日夜、帰宅前に軽く食べていこうとおじゃましたのですが、こちらのビルには「ごはん屋米米」と「イスカンダル」というインパクトのある名前のお店が2軒。。いや、別にウケを狙ってるわけじゃないんですが、それにしても(笑)ということで、宇宙戦艦ヤマト、じゃなかったイスカンダルの扉を開けてみました。

カウンター数席に2人卓や4人卓が数卓。バリ島のカフェをイメージされているのか、適度にエスニックですがあまりゴテゴテはしていません。カウンターや調理場あたりなどは、なるほどリゾートビーチにありそうなちょっと素朴な雰囲気です。

メニューには鎌倉野菜のサラダや鎌倉ビールといったものもあるけれど、比較的オーソドックスな料理がほとんど。あ、アルコールはイスラム圏に多い蒸留酒のアラック、こちらで置いてあるということはココナッツの蒸留酒かな。諸事情により今回はお酒を飲めず食事で、ということで、ホール担当の女性(奥様?それとも?)に鶏肉のスープであるソトアヤム、そしてインドネシアチャーハンというべきナシゴレンをおねがいしました。

十分ほどでしょうか、料理到着。ソトアヤムには好みでレモンや辛子味噌、ナシゴレンには乾燥させた牛肉のそぼろをかけてくださいとのこと。まずはソトアヤム、スープには鶏の出汁がしっかり出ていて、なかなか美味しいですね。春雨やキャベツ、それにじゃがいもの薄切りのフライなどが入っています。あまりスパイスは強くなく、食べやすい。レモンと辛子味噌を入れると、なるほどぐっとエスニックですが、うむ、結構辛い。辛子味噌の量には注意。ナシゴレンには刻まれたキュウリやトマト、ニンジンが添えられ、目玉焼きが載っているのはお約束。ややしっとり目の炒め具合で、サンバルと海老の旨みがしっかり感じられます。こちらにもところどころ唐辛子が入っていて、意外と辛め。しまった、スープは辛くしないでおくべきだったかも。。

BGMはボサノヴァからブラジリアンっぽいな、しかも軽すぎずいい具合。しかも、お店の雰囲気もなんともゆるゆるで、ああここでアラックでも舐めながらのんびり過ごしたら心地いいだろうな。厨房のご主人は浅黒い肌の色に見えたのでてっきり東南アジア系の方かと思ったら、お会計の際に出てこられた姿はまぎれもない日本人(失礼)。またこちらに出かけることがあればアルコール付きでのんびりしたいと思います。ごちそうさまでした。

イスカンダル

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:インドネシア料理 | 磯子駅屏風浦駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。