2013年09月28日

サリサリカリー〔白楽〕

 
神奈川大学のお膝元である白楽は、駅前の立派な商店街やその一本裏手のアヤシゲなアーケード街もおもしろいのですが、横浜上麻生道路を越えるとちょっと静かになります。こちらのお店は六角橋交差点のひとつ東神奈川よりの信号から少し大学に入ったところ「果ての果てまで行ってみないか」という看板が目印。学生街には名物店あり、とはよく言ったもので、正統派ではなくマニアックで求道的なお店が不思議とあるものです。こちらも真面目なんだか不真面目なんだかよくわからない外観。立看には「ベッキーは言った これ衝撃的かも」「CKB小野瀬のアニキは言った 地球上でもっとも納得のいく1000円の使い道」。おっと、いきなり小野瀬のアニキの名言が紹介されてるじゃないですか。CKBを聴きながらここまで来た甲斐があるというものです(劇謎)。

週末の12時過ぎ、扉をあけると以外にもこざっぱりしてるような、でも不思議なデコレーションもある店内は先客2組、おっと全員女性じゃないですか。愛想のないおばさん(奥様?)がどこに座ってと指示するでもなく、開いている席に座ります。こちらのお店のメニューは、3品セット(サラダ、カレー、チャイ)1,000円オンリー、ほかはドリンク類のみ。なので、オーダーしなくても勝手に料理が運ばれてきます。しかし失礼ながらこのおばさん、ほんと愛想ないなぁ(苦笑)。

サラダはキャベツがメインで、他にはニンジン、キュウリ、春雨など。ドレッシングというよりは、マリネされてるような状態。キャベツの芯の部分が甘く感じます。まもなくカレーも登場。なるほど、これは独特のルックスですね。やや固めに炊かれたライスと、全くとろみのない、チキンオンリーのカレー。ドロドロカレーでもさらさらカレーでもなく、ほぐれた鶏肉が調合されたスパイスで味付けされているような状態。しっかり柔らかくなった鶏肉自体の味も感じられるけれど、マスタードシードやターメリック、コリアンダーなどが主体と思われるスパイスがじわじわと効いてきます。鶏肉とトマト、玉ねぎ、それに塩とスパイスだけが材料で、水はたされておらず、しみだしている油は素材の持っていたものでしょうか、重さは全くありません。素朴にして豪胆、量はあまり多くありませんが、しっかりした味で食職中枢はしっかり満足、ここで甘いチャイで一息。

なんでもパキスタン北東部、インドの国境に近いパンジャブ地方の料理なのだとか。なるほど、ルックスはけっこう南国っぽいけど、辛さの質は南国というよりは北インド系のそれに近いですね。「初恋の人の名は忘れない 初めての味」と書かれた紙ナプキンで口を拭き、お会計の際、ご主人に「以前も来てくれたよね」と声をかけられました。扉を開けて表に出ると「一部の人に理解される」「あなたが来ないと潰れちゃうお店」という看板が。もしかしたらご主人はシャイで、あえてひとひねりしたキャッチーなコピーを繰り出してるのかも、と思ったりして(それにしても、見た目はともかくなかなか名コピーだよなぁ)。。ごちそうさまでした。

サリサリカリー

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:パキスタン料理 | 白楽駅東白楽駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。