2012年05月04日

玉蘭苑〔新丸子 中華〕




新丸子駅から綱島街道に出て左へ、丸子橋交差点角「玉蘭苑」担々刀削麺750円をいただきます。車で移動中、本日も夕飯が深夜になってしまった。。ということで、街道沿いで深夜に灯りを見た覚えがあるこちらのお店へ。さすがに24時近くだと先客が1組しかいません、、と思ったら、男性店員さんがまかないを召し上がってたんですね。失礼しました。全体にごく普通の街中の中華料理屋さんという雰囲気。カウンター席を陣取り、奥にいらっしゃった上海出身?だけど日本語訛りのほとんどない女性店長さんに名物料理らしい担々刀削麺をお願いします。

と、女性店長さん、おもむろに麺生地の塊を取り出し、シュッシュッと削りながら茹で釜に麺を飛ばしています。おお、こんな深夜に麺を削る実演を見られるとは思わなかった。あれ、でも刀削麺って内モンゴルに近い山西省方面の料理だし担々麺もそっち方面のはず、南方の上海出身のママさんが作るとはコレいかに?と素朴な疑問が湧きつつ、まもなく担々刀削麺がママさんから手渡されました。おお、スープが赤く、肉味噌と水菜、茹で玉子が載ってますね。では早速いただきます。

刀削麺は、適度の長さと厚さですが、ゆで時間がやや長めなのかあまりコシのようなものはありません。スープは赤いものの、予想していたほど辛くはなく(といってもメニューに唐辛子マークが一つついているレベルではあります)旨辛。おそらく黒酢とおもわれる酸味も軽く感じます。胡麻のペーストもたっぷり使われて味にもコクが出ていますが、あまり胡麻の香りがたっていないのがちょっと残念。刀削麺の量がけっこうあり、意外とお腹にたまります。

先に普通の中華料理屋さんの雰囲気と書きましたが、意外とといっては失礼かもしれませんが料理はさすが本場仕込み、かなり手をかけられてるように見えました(ただ手の抜きどころもはっきりしてるかも ^^;)。ということは、担々刀削麺も悪くなかったけど一品料理をいただきながら呑むのにもちょうどいいかも。そのぶん料理に癖が少々あるのでメニューによって好みがはっきり分かれそうな気もしますが、明け方近くまで営業してるようですし、近所に住んでたら深夜にちょっと呑んで食べて、という時には重宝するかもしれません。ごちそうさまでした。



関連ランキング:刀削麺 | 新丸子駅多摩川駅沼部駅





クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。