2012年05月01日

ユルリ バー〔巣鴨〕




巣鴨駅北口、一本裏手の鴨川イン向かい「ユルリ バー」でグラスを片手に。巣鴨駅北口を入ったあたりは、風俗店が多くてあまり近づく気がしないんですよね。こちらのお店もそんな中にあり、お世話になってる酒屋さんから教えてもらうまではまったく気づきませんでした。たしかに看板から若干ユルさを感じます。店内はカウンター席のみ、平日夜21時で席が一つおきに埋まっている程度。アルコール類はビールからウィスキー、カクテルまでなんでもあり、実際目の前にはリキュールのボトルがいろいろ並んでいます。が、バックバーに一升瓶がずらりと並んでることからわかるように、この手のお店としてはめずらしく日本酒や焼酎にコダワリ、というか偏愛を感じます。まずは栃木は小山の地酒、雄東正宗の多分無濾過純米を所望。お猪口や日本酒グラスでなく、こんな(写真参照)グラスでいただけば、気分はカクテルでもいただいてるよう。いいなぁ、こういうユルさ。

バーといっても、食べものもちょこちょことありますね。チキンピカタ、小いか煮付け、ドライカレー、レバーパテ、各種自家燻製、、迷うところですが"採れたてたけのこ"という文字を見つけてしまったからにはオーダーしないわけには行きません。回りを見れば、半分以上のお客さんがコレを召し上がられてました。下茹でされたたけのこをグリルでしばらく加熱し、塩を添えていただけば、、気持ちもユルリとしてきます。このたけのこはいただいてるお酒と同じ栃木産で、たまたまこの日知り合いが持ってきてくれたんだよネ、と不思議な距離感で話してくれるマスター。

お客さんは自分の世界にはいってぼーっとされてたり、時折マスターや女の子と会話をしたり、みな思い思いにグラスを楽しんでします。自家燻チーズともう1杯日本酒をとお願いすると、おなじお蔵のレアなお酒(特別なお米で醸した斗瓶取り)を注いでくれました。いやいや美味すぎますよ、このお酒。マスターのセレクト、私の好みにあってるかも。隣の女性がオーダーしてたレバーパテも美味しそうだったなぁ。

日本酒はどうやらどんどん置かれるものが変わっていくようで、これも楽しみですが、先に書いたとおりアルコール全般もいろいろ揃えてるので、気分によって飲みものを変えられるのもありがたい。遅い時間になると、多分かなりディープな雰囲気になるんだろうな。バーという性格上どなたにもおすすめできるとは言い難いのだけれど、マスターとお客さんの距離感もなかなか絶妙だし私はけっこう気に入りました。ごちそうさまでした。



関連ランキング:ダイニングバー | 巣鴨駅駒込駅千石駅







クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 23区北部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。