2018年11月21日

日本列島酒場 上五島 宇田川




長崎の沖、対馬海流に沿って連なる五島列島。海の幸が有名だけれど、うどん好きにとっては五島うどんも忘れてはいけません。その五島の名前を冠したお店が渋谷宇田川にあると聞いて、ランチタイムにお邪魔してみました。もっとも、上五島という呼び方はあまり聞いたことがなくて、以前あった上五島町は周辺の町村と合併して新上五島町となっています(上五島という島はありません)。私も訪れたことがありますが、海ではトビウオが跳ね、陽がおだやかに降り注ぐ、のんびりとした素敵な島だったのをよく覚えています。

続き&地図

クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 07:13 | Comment(0) | 23区西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

東京讃岐うどん 花は咲く 荻窪店




荻窪駅南口、南口中通り商店街を進み、荻窪高校の裏手あたりに「東京讃岐うどん 花は咲く 荻窪店」がオープンしました。
続き&地図
クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 23区西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

手打ちうどん ろくでなし〔笛吹市石和温泉〕



首都圏にも吉田のうどんを標榜するお店はあることはあるのですが、やはりあの硬いうどんは一般的には受け入れられないのか、なかなか広がる気配がありません。一方、富士吉田から山を一つ越した甲府盆地には、徐々に吉田のうどんを提供されるお店が増えつつあるようです。こちらのお店も今年(2018年)8月のオープンという新顔です。

続き&地図
クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | その他・番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うどんばたけ〔笛吹市御坂町〕




甲府盆地の南東の山裾を横切るの農道近くにこちらのお店があります。駐車場からは、扇状地の上部に立つように、ぶどうや桃の棚越しに甲府の街並みとその向こうにそびえる南アルプスや奥秩父の山々を眺めることができます。

続き&地図
クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | その他・番外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新倉うどん ひろとみ〔和光〕


最近あちこちでナントカ製麺所といううどん店を見かけるけれど、製麺し卸をしているお店が経営しているうどん店というのは案外すくないもの。こちらのお店は和光市の和光ブランドにも認定されている「新倉うどん」を製造されている、40年続く鈴木製麺所の関連店だそうです。新倉は和光市の北部の地名で、新倉村と白子村が合併し大和町になり、後に和光市になりました。東京メトロの「Find My Tokyo」の和光市の回で石原さとみさんが新倉うどんを紹介されていたので、名前だけは聞き覚えのある方もいらっしゃるかと思います。


新倉うどんひろとみは、和光市駅南口に近い、和光郵便局の隣にあります。店内はゆったりとテーブルが並べられ、白〜茶色系でまとめられた落ち着いた雰囲気。デコレーションはほとんどなく、壁に貼られている石原さとみさんのポスターが目立つくらいです。

メニューはあたたかいうどん、冷たいうどんに分けられていますが、あたたかいメニューのほうが多め。武蔵野方面で多い肉汁うどんは見当たらず、肉うどんや肉ぶっかけになります。お、秩父の郷土料理、ずりあげうどんもありますね。和光市の産品を使ったごぼう天うどんやにんじんのスティック揚げ天うどんも気になりますが、今回は季節の野菜かき揚げうどん850円をいただきました。料理を待つ間にメニューブックに目を通すと、なるべく地場の野菜や地元のお店の食材をつかわれるようにされているなど、いろいろなこだわりが書かれています

運ばれてきた料理は、麺はそれほど太くなく、縮れが多いタイプ。汁はけっこう色黒、と少々予想と違うもの。まず麺を口にすると、ほどよく固さを残して小麦の風味があり、縮れた食感がくちびるをほどよく刺激します。そして、吸い上げてくる汁は、色黒で醤油の味はしますが、カツオ中心の出汁のおかげで尖った味にはなってません。なかなかおもしろい汁です。
野菜かき揚げはメニュー名どおり季節によって変わるとのこと、今回はサツマイと舞茸、玉ねぎが立体的に揚げられていました。サツマイモがほっくり、舞茸の香りがふわりと立ち上り、玉ねぎの甘さがほんわり、と多彩な表情があります。大きさが少し小ぶりかと思いましたが、立体的で結構食べ応えがありました。

ちなみに、こちらのお店の向かいにある音楽レストラン「クロシェット ドゥ ボワ」も同じオーナーさんの経営だそうで(クロシェット=鈴、ボワ=木)、そちらでも新倉うどんが食べられるのだとか。接客もていねいで居心地よく、またおじゃまして他のメニューもいただいてみたいです。ごちそうさまでした。

クリックよろしくお願いします! blogram投票ボタン 食べログ グルメブログランキング
posted by kennny at 00:00 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする